スアレスの噛みつきに病気の噂も?心理的にはどうなの?

この記事は2分で読めます

最近W杯では、

スアレス選手の

噛みつき事件

物議をかもしています。

 

FIFAには、

9試合の出場停止の処分が下され

「治療が必要では?」

勧告を受けるほど・・・

 

そこで今回は

そんなスアレス選手の

噛みつきについて

 

「病気なのか?」

「心理的にはどうなのか?」

など色々とまとめてみました。

スポンサードリンク

噛みつき事件

先日のW杯の

イタリアVSウルグアイ

 

ウルグアイのスアレス選手が

相手のキエッリーニ選手に

噛みつくという事件が勃発しました。

これによりスアレス選手は

「9試合の出場処分」という

厳しい処分が下りました。

 

(その後、ウルグアイは敗退)

 

この処分に対して

噛みつかれたキエッリーニは

「厳し過ぎる」

擁護しましたが、

 

噛みつきは以前にも

あったことなのです。

 

スアレス選手は過去にも、

2013年のプレミアリーグ

リバプールVSチェルシー

 

イヴァノヴィッチ選手に

噛みついています。

WCCF 10-11白黒カード 080 ルイス・スアレス

サッカーファンとしては

「またか」ということなのです。

 

さらにFIFAは

「治療が必要」と勧告していて

完全に病気扱いしています。
 

スポンサーリンク


噛みつきは病気?

スアレス選手は、

噛みつき癖があるのですが

これは本当に病気なのでしょうか?

 

調べてみると、

どうやら噛みつき癖というのは、

心理的な問題が大きいようです。

 

子供の頃に噛むというのはよく

ありますが、

 

大人になっても

噛む癖があるのは

心を落ち着かせるため

なんだそうです。

 

つまり、

噛みつく=心が落ち着くという

方程式が成り立っているわけです。

 

ちょっと緊張が苦手だったり、

情緒不安定な人に多いようです。

 

そしてスアレス選手は、

とても緊張しやすいタイプらしく

 

それと同時に

怒りやすいタイプなんだとか。

 

そしてこういう風な人は、

幼少期に親の愛情に

あまり恵まれなかった人が

多いそうです。

 

その視点から、

スアレス選手をみてみると

 

貧しい7人兄弟の1人

だったようなので、

そういう点でも理解が出来ます。

 

今後のスアレス選手が

どうなるか分かりませんが、

 

どうやら本当に精神的な病気の

可能性が高いみたいですね。

 

サッカー選手は

色々な人が病気から克服しています。

 

アルゼンチン代表の

メッシ選手も難病でした。

メッシは子供の頃難病だった

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!