みのもんたが病気で手術をした病院はどこ?

この記事は2分で読めます

みのもんたさんが

苦しめられた病気

「脊柱管狭窄症」

 

今は手術をし、

なんとか復帰していますが、

かなり大変だったようです。

 

そのことについて

色々と調べてまとめました。

スポンサードリンク

脊柱管狭窄症とは?

まず、みのもんたさんが苦しめられた

「脊柱管狭窄症」について

簡単に説明していきます。

 

脊柱管狭窄症は、

骨が神経を圧迫することによって

神経の血流が下がることで起きる

病気です。

 

この病気は、

「腰の痛み、足の痛み、足の痺れ」

などの症状が現れ

 

長時間歩くことが出来ません。

みのもんた十八番勝負―おもいッきり対談集

みのもんたさんの他にも

芸能人では横山たかしさん。

桂歌丸さん、天龍源一郎さんなど

高齢の方に多いのが特徴ですね。
 

スポンサーリンク


治療は手術や注射

治療は手術をする方法か、

保存療法で注射などの方法でしょう。

 

症状がまだ軽い場合は、

保存療法で良いと思いますが、

 

歩けないほど大変な場合や、

保存療法でダメだった場合は

手術が必要になってきます。

 

しかしこの病気の治療は、

早期発見&早期治療

重要なポイントですので

 

早めに病院に行って

医者と相談しましょう。

 

みのもんたが手術した病院は?

ここで、みのもんたさんが

手術した病院や

お医者さんについて

少し紹介しておきます。

 

みのもんたさんが

手術した病院は

「国際医療福祉大学附属三田病院」

というところです。

 

ここは東京都にある、

有名な大学病院です。

 

そして、

みのもんたさんの手術をしたのは

福井康之さん。

 

福井康之さんは、

整形外科の副院長で、

腰治療の名医とも言われています。

 

そして腰の治療をきっかけに

みのもんたさんと親しくなったのか

2人の共著で本も出版。
「腰痛スッキリ!」という

なんともストレートなタイトル。

 

腰痛に悩んでいる人には

結構評判が良いようです。

 

みのもんたさんは

元気になりましたし、

今後も活躍して欲しいですね!

 

関連して高齢者の病気では、

最近加藤茶さんの様子が

ヘンだと話題になっています。

 

どうやらパーキンソン病だと

噂されているみたいですが、

 

変わりっぷりが

なかなかヤバイですね・・・

加藤茶も悩ますパーキンソン病

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!