青木愛(元シンクロ)はかわいいのに食事量がえげつない!

この記事は2分で読めます

元シンクロ選手の青木愛さん。

 

まぁ、なんといっても

めちゃめちゃルックスが良く

とても可愛いのですが、

 

ビックリするのは

その食事量が

ハンパ無いこと!

 

今回は、

そのことなどについて

色々とまとめてみました。

スポンサードリンク

食事量がえぐい

青木愛さんはかわいいのに

シンクロ選手時代の

食事量がえげつないです。

こちらを見て下さい

 

まずは朝ごはん

 

やばすぎる・・・

朝からこんなに食べたら

お腹苦しくなって

ゴロゴロしたくなりますよね。

 

そして昼ご飯

トンカツにハンバーグ・・・

考えただけで胃もたれしそう。

 

さらには間食

間食は、

普通の人の朝ご飯並み

 

さらにさらに夕飯

またトンカツ(笑)

ご飯も山盛り3杯・・・

 

トドメの夜食

お餅5個・・・

 

書いてるだけで

お腹苦しくなってきた(笑)

 

1日5食ですか・・・

 

まぁ、シンクロ選手とかも含め

スポーツ選手は

 

「食事=トレーニング」

という価値観なので、

仕方ないことなのかも。

 

メジャーリーガーの

ダルビッシュ有選手は

オフの間1日7食

食べるそうですし・・・

ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

それにしても、

かわいい顔して

青木愛さんも化け物級ですね。

 

体重も現役時代は

59kgもあったそうです・・・

 

もちろん殆ど筋肉ですけどね。
 

スポンサーリンク


トレーニングと食事の関係

あと気になったのは

「シンクロ選手ってどういう

トレーニングをするのかな?」

ということです。

 

これは当たり前ですが、

やはり水中トレーニングが多く

1日10時間

水中にいることあるんだとか。

 

シンクロは水中競技のため

かなりエネルギー消費が

激しいそうです。

 

そのため、

青木愛さんのように

必死になってご飯を食べるんだとか。

 

そうしないと

逆に痩せちゃうんだそうです。

 

またトレーニングとして

潜るだけではなく、

 

1日4km以上泳いだりするそうですから

かなり大変な競技であることが

想像できます。

 

水の外でも1日500回近い

腹筋や背筋をしたりなど・・・

 

相当ヤバいわけです。

 

実は1番厳しい

競技なのかもしれませんね。

 

映画の「ウォーターボーイズ」

とかありましたが、

 

この映画では表現できないほど

大変な競技なのでしょう・・・

 

関連して

人気モデルの西山茉希さんは

昔体重が60kgもあったんだとか・・・

 

拒食症になったり

かなり壮絶な

ダイエット生活だったようです。

西山茉希は昔60kgだった!?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!