メッシの病気は難病だった!低身長が一番の悩み!?

この記事は2分で読めます

サッカー界のスーパースター

リオネルメッシ選手。

 

世界最高のプレーヤーの証、

バロンドールを何度も獲得し

世界中を圧巻させるプレーヤーです。

 

しかし、メッシ選手は

難病に悩まされていました。

 

そこで今回は

そのことについて

まとめてみました。

スポンサードリンク

難病だった

小さい頃のメッシ選手は

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」

という難病でした。

 

この病気は、

成長ホルモンの分泌量が少なく、

低身長になってしまう病気です。

リオネル・メッシ バルセロナ SUPER パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 03 pfl07-141

メッシ選手は中学生になるまで

120cmくらいだったらしく

かなり悩まされていました。

 

しかしその頃からサッカーが上手く、

飛び抜けた存在だったために

将来の可能性を広げるため

身長を伸ばす治療を受けることに。

 

中学生の頃は毎日のように

注射を打っていたみたいですが、

 

その甲斐もあって

中学卒業くらいの年齢の時には

今の身長の169cmになったんだそうです。

 

アルゼンチンは

日本人より平均身長が3cmほど

高いと言われていますので、

 

アルゼンチンの方にとっては

我々の感覚よりも

低身長と感じるのでしょうね。
 

スポンサーリンク


低身長はやはりダメなの?

ここで思うのは、

「低身長はやはりダメなのか?」

ということです。

 

三高とも言われますし、

そういうのは共通の価値観なのですかね。

(三高=高身長、高収入、高学歴)

 

メッシ選手の場合は、

将来有望なサッカー少年で

バルセロナFCが治療費を

負担してくれました。

 

普通の場合は

なかなかそうはいきませんよね。

 

しかし、

「低身長だから・・・」という理由で

人を決めつけるのは良くないと思います。

 

これは宗教批判や人種差別と

一緒のような気がするのです。

(個人的な意見ですが)

 

スポーツ選手の場合は

確かにハンデがありますが、

他の場合はあまり関係ありません。

 

私の友人でも

160cm無くても、

かなりモテる人がいますし(笑)

 

芸能人でも、

西川貴教さん、伊藤淳史さん、山田涼介さん、

浜田雅功さん、河本準一さんなど

様々な分野で

活躍している人たちがいます。

 

「自分の価値は自分で決めるもの」

私はそう思います。

 

加藤茶さんもその頑張っている1人。

 

しかし、

最近様子がヤバいと言われています。

 

それはパーキンソン病によるものでは

ないかとのことです。

加藤茶も悩まされるパーキンソン病

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!