インフルエンザ「予防2回目」まで4週間以上は必要?

この記事は2分で読めます


少し前までインフルエンザの予防接種は、

「必ず2回接種しなければ効果がない」

と言われていたように思います。

 

しかし、基本的に予防接種を

2回接種しなければならないのは、

「生後6か月以上13歳未満の子供」

に限られます。

 

その理由として、

子供の場合、

1回の接種では免疫ができないから

とされています。

 

当然個体差はありますので、

13歳以上だからと言って

2回接種しなくてもよい

というものでもありません。

 

そこで、インフルエンザ予防接種の

1回目の接種日から

4週間経過後に2回目の接種を行った場合、

予防効果が得られるのか調べてみました。
 

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種とは?

インフルエンザ予防接種とは、

インフルエンザを予防するために、

ウイルスの病原性を失くしたものの

一部を使って作成した

「不活化ワクチン」

を体内に注射することです。

 

不活化ワクチンは

病原性を弱めたものを使った

「生ワクチン」と異なり、

1回の接種では免疫ができにくい

といった特徴があります。

 

したがって、免疫ができにくい

生後6か月以上13歳未満の子供は

2回の接種が必要とされています。

スポンサーリンク


インフルエンザの「予防接種2回目」の期間は?

では、

1回目の接種日からどのくらいの期間で

2回目を接種すれば良いのでしょうか?

 

2回目は1週間経過すれば

接種可能とされていますが、

一般的には

「2週間後から4週間以内」

の接種が推奨されています。

 

この期間で2回目の接種を受ける方が、

より効果的に免疫力が得られるためです。

インフルエンザの「予防接種2回目」が4週間以上過ぎたら?

それでは4週間を過ぎてしまった場合は、

改めて1回目から接種し直さなければ

ならないのでしょうか?

その答えはノーです。

 

適正な期間内に2回目の接種を受ければ

「より効果的」に免疫力が得られることは

間違いありません。

 

4週間を過ぎると

免疫ができるまでは時間がかかりますが、

免疫力が増すとに違いはありません。

 

どうでしたか?

インフルエンザ予防接種を2回受ける場合には、

1回目と2回目の接種の期間に

注意した方が良さそうですね。

 

1回目の接種時期は

インフルエンザの流行開始時期

(例年11月末頃から12月始め頃)を考慮し、

2回目の接種日が流行開始日の前になるよう

逆算して計画的に受けましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!