「新しいメガネ」が疲れる原因、危険性、対策まとめ!

この記事は2分で読めます


新しいメガネを使った時、

メガネを掛けてみると

すごく疲れることがありますよね。

 

しばらく掛けていて、

次第に慣れるのであれば問題ありませんが、

疲れがずっと取れないこともあります。

 

そこで今回は新しいメガネが

疲れる原因、危険性、対策をまとめました。

スポンサーリンク

「新しいメガネ」が疲れる場合の危険性とは?

通常はメガネを新調して

しばらくは違和感を覚えますが、

使っているうちに慣れていきます。

 

しかし、

しばらく使っても違和感が抜けない場合、

メガネが合っておらず

「眼精疲労」になってる可能性があります。

目の疲労は、

目が疲れる・ぼやける・かすむ

目が痛む・充血・

しょぼしょぼする・涙が出る

肩こり・倦怠感

頭痛・めまい・吐き気

などの様々な症状が出ることがあります。

 

さらに、

場合によっては目の疲れからイライラし、

鬱になる場合もあります。

 

このように、

合わないメガネによる眼精疲労は

思っている以上に

数多くの問題を生じさせます。

スポンサーリンク


「新しいメガネ」が疲れる原因は?

メガネが目にあっていないのは、

以下のような理由があります。

①古いメガネを使っている

②ちゃんと測定せずに購入した

③過矯正のメガネを使っている

④フィッティングがされていない

 

では、それぞれを見ていきましょう。

 

①古いメガネを使っている

目は年齢や普段の

生活習慣などによって変わってきます。

 

昔から視力が下がっているのに

そのまま使っていると、

合わないのに無理をして

ピントを合わせようとして

目が疲れてしまいます。

 

また、

年齢が上がると老眼が入ったりすると、

老眼用のメガネを作る必要があります。

 

このように目に合わせて

メガネも変えてあげる必要があります。

 

②ちゃんと測定せずに購入した

安い眼鏡屋などでは、

使っている素材などにより

歪みが強くなったりすることがあります。

 

そういったところで

メガネを作ってしまうと、

眼精疲労の原因になります。

 

メガネを作る時は

信頼できる店舗で作るほうが良いでしょう。

 

③過矯正のメガネを使っている

メガネを作る際、

遠くが見えるように

少し高めの度数にして作られます。

 

これは外出時には遠くが見れる方が良い為

度数を上げているのですが、

昨今ほとんどの人は

パソコンやスマートフォンなど

近くをみる時間の方が増えています。

 

近くを見る時は、

度数は少し下げたほうが疲れにくくなります。

 

④フィッティングがされていない

メガネはいくら度数をあわせたとしても、

メガネと顔とのフィッティングが

合っていないと何の意味もありません。

 

少しのズレが目の疲れになったり、

不快の原因になります。

 

フィッティングはしっかりとした

メガネ屋さんであれば行ってくれます。

 

ピッタリフィットするように

調整してもらいましょう。

「新しいメガネ」が疲れる対策は?

対策方法は眼科やメガネ屋には定期的に訪れ、

メガネの調子を見てもらいましょう。

 

メガネが合っていないと感じるのであれば、

再度調整をしてもらえます。

 

また、

メガネは外出用・仕事用など用途別に用意し、

状況に応じて使い分けると安心です。

 

合わないメガネを使うことで

起こる眼精疲労は本当に大変です。

 

眼精疲労からくる疲れで

自分の体が参ってしまう前に、

一度自分のメガネが合っているのか

調べてもらいましょう。

 

もしかすると、今のメガネよりは

あなたの体を疲れさせているかもしれませんよ。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!