タミフル予防投与の「小児への副作用」とは?

この記事は2分で読めます


今回はタミフルの予防投与ですが、

一時期「小児のタミフル」で問題がでました。

 

そこで副作用やリスクが心配されるわけですが、

子供に投与しても安全なのか

についても見ていきます。

 

というわけで、

今回はそんな予防投与の条件や注意点

についてまとめました。

スポンサーリンク

タミフル予防投与の「条件」とは?

実はタミフル予防投与は

皆ができるわけではありません。

 

インフルエンザにかかった家族もしくは

同居人が家の中で

一緒に暮らしている場合が

前提となってきます。

これ以外にも条件はありますが、

高齢者などでインフルエンザに

かかると重症になり、

体力的に厳しいという場合

なども認められます。

 

受験生という場合はどうなのでしょうか?

 

どうしてもかかりたくない理由として

受験もあげられますが、

その場合は医者によく説明し

医者が許可を出せば予防投与

は認められる可能性もあります。

スポンサーリンク


タミフル予防投与の「小児への副作用」とは?

タミフルは非常に強い薬なので、

副作用も強いです。

幼稚園や保育園でも流行りだした際に、

他の子供が感染しているので

タミフルを予防的に投与したい

と思う場合もあると思います。

 

しかし、タミフルは

小児でもない17歳くらいの

「子供が異常行動を起こした例」

もあるほどです。

 

リスクは何度もニュース

で取り上げられているので

知っている方も多いと思います。

 

副作用の中で怖いのが幻覚症状ですね。

 

子供が幻覚を見て、

走り出し、外に出ていくというやつです。

 

子供が飛び出し、

車にはねられて死亡した例もあります。

 

ちなみに、予防投与の前に

予防注射は必ず受けましょう。

 

予防注射ならタミフルではないので

基本的には安心です。

タミフル予防投与以外の薬とは?

タミフルは不安という場合には

実は他の薬もあります。

 

予防投与できるかどうか

確認する必要はありますが、

・リレンザ

・イナビル

という薬もあります。

 

ちなみに、

タミフルなどの投与も大事ですが

予防がもっと大事です。

 

予防するような行動をとることで

タミフルを予防投与しなくても、

インフルエンザにかかりにくくなります。

 

冬場に気を付けたいこととしては

以下のような点です。

・加湿器

部屋の湿度が低いと風邪や

インフルエンザの原因になります。

 

ウイルスは乾燥がない場所を好みますので。

 

・手洗い、うがい

出かけた後にこまめに行います。

 

ご飯を食べる前などにも行いましょう。

 

とにかく注意して行う事で

感染確率を下げられます。

 

・マスク着用

他の人からの菌がうつるのを防げます。

 

電車など人が集まる場所では

着用しましょう。

 

どうでしたか?

タミフルの予防投与もいいのですが

少し副作用が心配です。

 

予防投与も大事ですが、

普段から風邪やインフルエンザを

予防する行動をとることで

感染確率は下げられましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!