インフルエンザ「予防投与ガイドライン」徹底解説!

この記事は2分で読めます


今回は予防投与について見ていきます。

 

予防接種との違いは、

かかるのを予防する為に

インフルエンザ用の薬を

7日~10日にわたり

1日1回体の中に入れるというものです。

 

日本でも受けることはできるのですが、

予防接種は子供でも最高2回くらいに対し、

予防投与は10回くらい受けないと

いけないこともある為

毎日病院へ行くことができる人向けです。

 

予防投与はガイドラインにより、

受けられる人も限られてきます。

 

そこでどういう人が予防投与を

受けられるのか、安全なのか

などをガイドラインから

みていきたいと思います。
 

スポンサーリンク

インフルエンザ「予防投与ガイドライン」の条件は?

インフルエンザの治療薬が以下の基準を

満たした人であれば投与が可能です。

・インフルエンザに家族がかかった人

・高齢者や疾患を持っている人

・インフルエンザで命にまで

危険が及ぶ可能性がある人

 

以上のうちすべての条件満たせば、

医者の指示のもと、

予防投与ができます。

 

受験生だから絶対にかかりたくない場合は

予防投与できないのか?

と言われると必ずそうではないようです。

 

医者に相談して認められれば、

例外的に受験生だからという理由でも

予防投与が受けられる可能性もあります。

スポンサーリンク


インフルエンザ「予防投与ガイドライン」の方法は?

薬は「タミフル」が有名ですが、

実は3種類

「タミフル」「リレンザ」「イナビル」

があります。

 

予防投与は7日~10日に分けて行われるのが、

「タミフル」「リレンザ」となっています。

 

「イナビル」の場合2日で行われます。

 

インフルエンザ薬を治療時の

2分の1くらいを

何回にも分けて投与するわけですね。

 

予防接種が3000~4000円くらいの

範囲ですが予防投与も同じくらいです。

 

国民健康保険の対象外なので、

全て自費負担になります。

 

リレンザやイナビルの場合、

口から投与されるので

注射が嫌な人も安心かもしれないですね。

 

全てのインフルエンザの薬に言えることですが、

体の中でウイルスが

増えにくい状態が作れるので

予防投与はかなり効果があると期待できます。

 

ただし、もし予防投与の

ガイドライン対象外の人が予防投与し、

副作用が出た場合は

医療保障の対象外となっています。

 

受験生だからと気軽に受けるのではなく、

副作用が出る恐れも考えないといけません。

 

どうでしたか?

医者によって判断も違うので

必ずできるとは限りません。

 

受験生などというだけでは

ガイドラインの対象外となってしまいます。

 

そこは何個か病院に行ってみるか、

諦めて予防接種だけにしておくかなど

色々検討してみましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!