インフルエンザワクチン「医者は打たない」の真相とは?

この記事は2分で読めます


インフルエンザワクチンを打たない

という人がいますね。

 

打たない理由としてみるのは、

・結局インフルエンザに感染した

・ワクチンをうつと逆にかかることがある

などというものです。

 

そんなことから

「医者はインフルエンザの

ワクチンを打たない」

という説が広まっているのです。

 

そこで今回はこの説の

真相に迫ってみたいと思います。
 

スポンサーリンク

インフルエンザワクチン「効果ない」の真相とは?

まず本人が感染しなくなると、

周囲の人へ感染するのを防ぐことができます。

 

家に年寄りや子供、

その他インフルエンザが

重症化しそうな人がいるのであれば

打った方がいいです。

 

また、

インフルエンザ感染後の

重症化を防ぐ役割もしてくれます。

 

打たない人に比べて

うった人の方が熱があまりでずに、

素早く下がったという事が多いようです。

 

新聞やニュースで

「インフルエンザワクチンは効果がなかった」

などと結論付けられ書かれている場合は、

ワクチンをうった人が

重症化が防げている場合でも

細かくデータがとれていないこともあります。

 

インフルエンザにかかったのだから

効果がなかったと

アンケートで結論付けられていることや、

調査対象人数が少なめで

効果がなかった人が

結果的に多かったということもあります。

スポンサーリンク


インフルエンザワクチン「医者は打たない」の真相とは?

インフルエンザワクチンは

「医者は打たない」説には

理由があります。

 

では、見ていきましょう。

 

ワクチンのデメリットとしては

必ず防げないことです。

 

ワクチンをうつことで、

防げる確率が50%~70%

に上がるのですが

必ず防げるわけではないです。

 

そして、

インフルエンザの感染にはそもそも

・手洗い、うがい

・マスク

・食生活

・睡眠

などの要因もが大きく関わっています。

 

食生活をきちんとしたうえで

睡眠も十分とれ、

感染防止対策をしっかりしている人は、

インフルエンザにかかることは

ほとんどありません。

 

逆にワクチンをうっていても

勉強などでゆっくり休めず、

疲れており食事も朝ぬくような場合は

かかりやすくなります。

 

上記のような理由で、

医者は自分の体調管理に自信があるから

「医者は打たない」説

が蔓延したということだったんです。

 

ワクチンをうったうえで重要になるのは、

結局のところ食生活や休養を

しっかりとり疲れがとれているかという事です。

 

どうでしたか?

よっぽどのことがない限り、

ワクチンはできれば打った方が良い

といか言えません。

 

痛いので嫌かもしれませんが、

大事な受験や仕事に影響しない為にも

打っておきましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!