インフルエンザ回復後「だるい」原因、対策まとめ!

この記事は2分で読めます


インフルエンザの熱はおさまって回復した後、

なぜかずっとだるい症状が続いていませんか?

 

実はこれには原因があります。

 

そこで今回はインフルエンザの回復後の

「だるい症状」の原因、対策

について紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

インフルエンザ回復後に「だるい」原因とは?

インフルエンザは熱が治っても、

実は菌が完全に体から出ていくのに

時間がかかります。

 

体が良くなっていても出席停止で

学校などにすぐには行けない理由の一つですね。

 

インフルエンザの菌が残っているから

完全に治してから行きましょう

ということです。

 

目安として、

「インフルエンザが回復後2、3日は

体の中では自分の免疫と

菌が戦っている状態」

になります。

 

解熱自体はインフルエンザの薬があるので

素早くできることが多いですが、

だるさやふらつきが起こるのは

以上のような原因からです。

 

この「だるい」症状を早めに

治したい場合の対策を

次の章で見ていきます。

スポンサーリンク


インフルエンザ回復後の「だるい」対策は?

良く睡眠をとることはもちろんですが、

同じくらい重要なことがあります。

 

それは「栄養を補給」することです。

 

特に病気中に食事が満足に取れなかった場合、

必要な栄養素が多くなります。

 

そこで最も良いのが薬局などで売っている

「栄養ドリンク」です。

これを日常的に飲むのは間違っているのですが、

熱などの栄養補給+体力回復

に非常に良いです。

 

今は100円~300円くらいだせば

手に入りますよね。

 

栄養素が多いものほど値段が高くなっていきます。

 

その分効果も期待できますが、

自分の状態に合ったレベルで良いでしょう。

 

不安な方は近くの薬局に行き、

売り場の人に相談してみましょう。

 

また、こういった時の栄養補給として

もう一つ優秀なのが

「カロリーメートゼリータイプ」です。

通常のものでも良いですが、

だるいときにも気にならずに飲めます。

 

実際スポーツ選手が栄養補充に使われており、

栄養吸収も考えられて作られています。

 

ゼリーなので胃腸の負担にもなりません。

 

インフルエンザのせいで

食事の際に食欲がわかない

子供やお年寄りの人もゼリーなら安心ですね。

 

どうでしたか?

熱が下がっても菌が完全に体から

居なくなっていないため、疲れが出ます。

 

特に脂の多いもの、炭水化物の多いものは

体の消化器官に負担が大きいため

少し控えめにして下さいね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!