「てんかん」は運転免許の取り消し?取得方法とは?

この記事は2分で読めます


今回は「てんかん」についてです。

 

簡単に言うと、

発作が何の前触れもなく起こる病気です。

 

つまり、

運転することは非常に危険になります。

 

では、「てんかん」になる人は

運転免許が取り消しに

されてしまうのでしょうか?

 

それとも何らかの処置で

運転免許で運転できるのでしょうか?

 

今回はそんな「てんかん」と

運転免許の関係について見てました。
 

スポンサードリンク

「てんかん」は運転免許の取り消しなの?



医師から「てんかん」と診断されたら、

これは残念ながら

「運転免許証の取り消し」

となります。

 

しかし、

頭ごなしにダメというわけではありません。

 

条件付きで運転免許取得は可能なので、

その条件を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


「てんかん」は運転免許の取得方法とは?



「てんかん」のある人の運転免許取得には、

決められた条件があるので注意です。

 

免許については、

日本てんかん協会のホームページに

以下のように定められています。

 

■ 「てんかん」のある人は、

大型免許と第2種免許の取得は

控えるようにしましょう。

※運転が主の職業も、

危険を伴うためお勧めできません。

※5年以上発作が抑えられており

服薬も全て終えている場合に

日本てんかん学会より

運転適正がありと判断されます。

 

■ 運転免許の取得(更新)を考えるときは

病状が安定していた

として主治医に相談しましょう。

 

■ 病状を正しく申告して

運転免許の取得(更新)を行いましょう。

 

■ 抗てんかん薬を飲み忘れた時、

体調が悪いと自覚した場合は、

運転を控えましょう。

 

■ 運転に支障が生じる状態時は、

運転適性相談窓口

(運転免許センターなど)

に相談を忘れずに。

 

以上が条件になります。

「てんかん」の運転のリスクとは?



注意しないといけないのが、

運転してはいけない症状であることを

理解しながら運転し、

死傷事故を起こした場合の刑罰は

すごく重くなっています。

 

過去にも「てんかん」患者の

クレーン車の運転などの

重大な事故がありました。

 

その為、医師の指示のもと

適切な運転をすることが大切なわけです。

 

症状を正しく申告せずに偽った場合も

免許を取り消される場合があります。

 

「てんかん」の患者の状況は

医師が公安委員会に

届け出ることができるからです。

 

嘘をついて運転免許を取得すると

事故を引き起こす危険が増し、

事故の際の刑罰も重くなるので注意しましょう。

 

しかし病気の症状が取り消されても

3年以下で回復し

運転適性が大丈夫だと判断されたら、

試験免除で運転免許をとることができます。

 

家族の人でも全国の運転適性相談窓口で

「てんかん」の際の運転について相談できます。

 

病状が回復しても運転免許が

取得や更新ができるかの判断は

自分では難しいものですね。

 

まずは医師としっかり相談しましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!