「豆乳ダイエット」の正しいやり方とは?

この記事は2分で読めます


今や健康食品として知られる”豆乳”

 

スーパーなどで気軽に手に入り、

種類も多く買う人も多いです。

 

実はこの豆乳、健康だけではなく

ダイエットにも効果抜群なんです。

 

しかし、

いくつかのポイントを守らないと

せっかくの豆乳効果が台無しになります。

 

というわけで、

今回は「豆乳ダイエット」の正しいやり方を

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「豆乳ダイエット」って何でやせるの?



そもそも豆乳ダイエットって

何でダイエットになるのでしょうか?

 

それは食事前に豆乳を飲むことによって

得る満腹感を利用して、

食べすぎを防いで体重増加を抑えよう。

 

さらに、

豆乳に含まれるサポニンによって

脂質や糖質の吸収が抑えられます。

というのが、

今回お伝えしていく「豆乳ダイエット」です。

 

満腹中枢も刺激され吸収も抑えることにより、

ダイエット効果が期待されています。

スポンサーリンク


「豆乳ダイエット」の正しいやり方は?

では、

そんな豆乳ダイエットには

ポイントが5つあるので

それぞれ見ていきましょう。

①どのくらい飲めば良いの?



豆乳に含まれるイソフラボンの一日の

上限摂取量が75mgとされているので、

豆乳では「200mℓ~400mℓ」

が適量となります。

 

コップ1杯が約200mℓなので

目安として覚えておきましょう。

 

②いつ飲めば良いの?



脂質や糖質の吸収が抑えられ、

満腹感を得られるベストタイミングは

「食事前の20~30分」です。

 

摂取量に気を付けながら

毎食前に飲むのが望ましいですが、

「さすがに毎食はキツイ」という人は

一般的に摂取カロリーが多くなりがちな

夕食前に飲むのがオススメです。

 

③種類が多くてどれを飲めば良いの?



様々な種類がある豆乳ですが、

豆乳ダイエットには

「無調整豆乳」が最適です。

 

豆乳の中では最も栄養価に優れ、

低カロリーと言われています。

 

しかし、

クセのつよい豆乳は

好みも分かれ苦手な人も多いはず。

 

そんなときは無理をせず、

調整豆乳や豆乳飲料から始めてみましょう。

 

④偏った食事になりがち?



豆乳はあくまでサポート役です。

 

栄養価に優れ、

満腹感を得られるからと言っても、

豆乳だけで全ての栄養を

カバーできるわけではありません。

 

しっかりと栄養バランスのとれた食事と

合わせて飲むことで最大の効果が期待できます。

 

⑤過剰摂取に気を付けて!



健康に良いとされる豆乳ですが、

過剰摂取は禁物です。

 

男性であれば、

ホルモンバランスの崩れによる女性化、

 

妊娠中・授乳中であれば、

胎児の生殖機能に支障をきたすなど

体への弊害が懸念されます。

 

また、

男女問わず下痢やニキビなどの症状も

起こりやすくなってしまうので、

適量を心がけましょう。

どうでしたか?

 

ただ豆乳を飲めば良い

というわけではないようです。

 

今回のポイントをまとめると、

・食前20~30分がベストタイミング

・適量を守って200~400mℓが目安

・栄養バランスのとれた食事を

・豆乳ダイエットには無調整豆乳が最適

 

豆乳は非常に優れた健康食品ですが、

正しいやり方を守って

健康的にダイエットましょうね!

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!