林家木久扇の胃がんは父親の遺伝だった?腸閉塞症も患っていた?

この記事は2分で読めます

長寿番組「笑点」には

欠かせないメンバーの林家木久扇さん。

 

個人的に一番好きなのは小遊三師匠ですが、

木久扇さんのおとぼけキャラもナイスですよね。

 

そんな林家木久扇さんは、

過去に色々な病気を患っています。

 

そこで今回は、

そんな林家木久扇さんの病気について

気になった事を調べてみました。

スポンサードリンク

胃がんは父の遺伝か?

今では少し前の話になりましたが、

林家木久扇さんは胃がんを患っていました。

これからだ―笑いと元気が湧く林家木久扇3・11俳句画集

今は元気なので、

笑点ファンの私としても嬉しいのですが、

 

癌により切除手術をした結果、

胃袋は元あった3分の1しかありません。

 

実は、

林家木久扇さんの父親も胃がんだったそうです。

 

しかも、

それが原因で亡くなっているとのこと。

 

胃がんの遺伝率は高いのでしょうか?
 

スポンサーリンク


胃がんの遺伝率

胃がんは癌の中でも、

遺伝率が比較的高いと言われています。

 

それに加えて、

生活習慣によって

親子がなる可能性が高いということです。

 

どういうことかというと、

親子なら同じような生活をしている

場合が多いわけです。

 

特に、食事ですよね。

 

親子は普段から同じものを食べる可能性が高い。

 

それ故に、

親子で胃がんになる可能性が高いんだとか。

 

そう言われれば、納得ですよね。

 

腸閉塞症も患っていた

林家木久扇さんは胃がんになる

ずっと前の若い頃に

腸閉塞症も患っています。

 

これは「イレウス」とも呼ばるのですが、

林家木久扇さんはもしかしたら

胃腸が生まれつき弱いのかもしれませんね。

 

 

この腸閉塞では、

成功率60%という難手術を成功させてきました。

 

私はまだ大きな病気をしたことがないので、

林家木久扇さんの不屈の精神力はすごいなぁと

素直に感心します。

 

私も胃腸が弱いので、

ちょっと心配になりますね・・・

 

胃がん、腸閉塞など

かなり大きな病気を乗り越えてきた

林家木久扇さんはスゴイ!

 

最近のガンや胃腸のニュースで言えば、

「トイレのウォシュレットが

 大腸がんの原因ではないか?」

と言われているのが驚きました。

 

普段から使っている人も、

そうでない人もこれはかなり興味深いニュースです!

ウォシュレットが大腸癌の原因だった!?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!