「てんかん発作」の原因は?その治療方法とは?

この記事は2分で読めます


「てんかん」は年齢、性別

関係なく起こる病気です。

 

しかし、

医学的に分かっていないことも

多いこの病気。

 

意外と人数の多い病気でもあるので、

周りの人に居たりすることも多いです。

 

そんな「てんかん」には

主な症状には発作があります。

 

今回はそんな発作の原因について

見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

「てんかん」ってどんな病気?



「てんかん」とは

脳の神経細胞(ニューロン)が

過剰な活動を起こすことにより、

「発作が繰り返し起こる病気」

のことです。

 

「てんかん」が起こる原因は様々で、

発病する可能性は

乳幼児から高齢者まで

幅広い年齢層で

発症の可能性があります。

「てんかん」の症状は?



「てんかん」は

「突如意識を失い反応が無くなる」

発作が何度も症状として出ます。

 

危険な症状なので、

運転ができなくなったりと

不自由も多い病気の一つと言えます。

 

その発生する

神経細胞の場所によって、

様々な発作症状が起こります。

 

例として、

「けいれん」

手足が突っ張り体が硬くなる

「強直発作」

突然意識消失が起こる

「欠神発作」

など、多種多様な発作が起こる

危険な病気と言えます。

スポンサーリンク


「てんかん」の発作の原因は?



これらの原因は

「脳の神経細胞が、

突如異常な電気活動を起こす」

ことによって発生します。

 

発作自体の原因は、

大きく分けて

2種類に分けることができます。

①症候性てんかん

脳に何らかの障害があり、

それが原因で起こる発作です。

 

生まれた時に

仮死状態であった為の低酸素、

脳出血、脳梗塞、アルツハイマー

などが原因で、

脳に何かしらの障害があり

発作が発生します。

 

②突発性てんかん

原因不明で突然おこる発作です。

 

様々な検査を行うも、

異常が見つからない原因不明の

「てんかん」は

全て「突発性てんかん」になります。

 

医学的にも難しく、

分かっていないことが多い

と言われる理由です。

「てんかん」の発作の治療方法は?



「てんかん」は種類によっては

治療が可能で、

70~80%の「てんかん」は

「抗てんかん薬で治療が可能」

と言われています。

 

抗てんかん薬は発作の発生を

抑える作用もあります。

 

適切な薬を数年間規則正しく飲むことで、

発作の発生を抑えて保ち、

その間に薬なしでも神経細胞の

過剰な活動が起こらなくなる事が

期待できます。

 

ですが、残りの

20~30%の「てんかん」は

「難治性てんかん」と呼ばれ、

手術を行う必要があります。

 

「てんかん」を治療するためには、

主治医と相談し

治療を受けていく必要があります。

 

「てんかん」は長期の治療が

必要になります。

 

しかし、

危険な病気ですので、

きちんと病院に行き

根気強く治していきましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!