「汗管腫」の芸能人は?読み方、症状は?

この記事は2分で読めます


汗管腫という病気をご存知でしょうか。

 

女性の方に多く見られる病気で、

男性がかかる方は少ないですが

0ではありません。

 

そんな思春期前後の

女性に多いと言われる汗管腫。

 

今回はそんな「汗管腫」の芸能人、

読み方、症状などをまとめました。

スポンサードリンク

「汗管腫」の読み方、症状は?



汗を出す管を知っていますか?

 

それを

汗管(かんかん)と言います。

 

つまり、

汗管腫の読み方は

「かんかんしゅ」と読みます。

 

この汗管(かんかん)に

良性の汗腺腫瘍ができてしまいます。

 

人間にはエクリン汗腺(かんせん)

汗を出す皮膚があります。

 

このエクリン汗腺は

真皮という皮膚の奥深くに存在します。

 

このエクリン汗腺を真皮内汗管と呼び、

ココに良性の腫瘍が増殖してしまうのです。

 

下まぶたに直径2~3mmの

ぶつぶつができる症状で、

多い場合には10個以上目立って出現します。

スポンサーリンク


「汗管腫」の芸能人は?

芸能人で汗管腫と発表した方に歌手の

「イ・ヒョリ」さんが居ます。



彼女は汗管腫による

その胸の内を打ち明けていました。

 

汗管腫は彼女にとってストレスでしかなく、

この病気のせいで人格障害や鬱になる人もいる

と告白しています。

 

インターネット上では

汗管腫を撲滅するためのコミュニティがあり、

彼女はそこで女神として存在しています。

「汗管腫」の治療方法は?



放っておくと目の下の

ぶつぶつが増えていき、

化粧でも隠すこともできなくなります。

 

なので治療を考える方が多いのですが、

保険外治療も多くどの治療方法が良いか、

判断が難しいのが現状です。

 

皮膚科に行く方もいれば、

美容外科に行かれる方もいます。

 

やはり病気なので、

まず皮膚科で受診されることが

良いという意見が多いです。

 

手術でメスを入れるのは怖いかもしれませんが、

1週間ほどで抜糸もでき、

化粧もできるようになります。

 

レーザー治療の選択もありますが、

赤く腫れあがり痕が残る方も少なくありません。

 

早期治療を求めるのならば

手術が一番の選択ではないでしょうか。

 

汗管腫には大きな健康被害が隠れている病気です。

 

心の病気は一番の大敵で、

その多くは過度のストレスから始まります。

 

女性に多くしかも思春前後の方というのは

何とも皮肉な病気なのでしょうか。

 

保険内で誰もが安心に受けられる治療を

早く発見してほしいと心から願います。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!