骨髄異形成症候群(MDS)の「末期症状」とは?

この記事は2分で読めます


骨髄異形成症候群(MDS)という

病気を知っていますか?

 

高齢者がかかりやすい血液や

骨髄の病気で急性白血病に

繋がる可能性のある病気です。

 

急性白血病という言葉が出てくると

途端に恐ろしい病気に思えてきます。

 

今回はそんな

骨髄異形成症候群とは

どういう病気でどんな症状があるのか?

さらに末期の症状はどうなのか

などを解説していきたいと思います。
 
◇関連記事

骨髄異形成症候群(MDS)の生存率、治療方法とは?

スポンサードリンク

「骨髄異形成症候群」とは?



骨髄異形成症候群とは、

「造血幹細胞」のDNAに異常が起こる事で

「正常な血液細胞が減少する症状の病気」

の事です。

 

血液細胞は下記3種類の事を言います。

 

①全身の組織に酸素を運ぶ赤血球

②体内に侵入した細胞や

ウイルスを駆除する白血球

③血液を凝固させて出血を止める血小板

 

また、

「造血幹細胞」は骨髄に存在していて、

これらの血液細胞の元となる細胞です。

 

この細胞の能力は

血液細胞へ成長する「分化」

細胞分裂で自分の複製を造る「自己複製」

を持っていて、

状況に応じて必要となる細胞を

造る事ができます。

 

つまり、

何らかの原因で

異常が起こった「造血幹細胞」が

分化の途中で成長が止まってしまったり

異常な血液細胞へ成長することもあります。

 

結果として、骨髄の中で造血が

十分になされているにも関わらず、

正常な血液細胞が減少していく事になります。

 

このような状態を「無効造血」と言い、

赤血球・白血球・血小板の減少によって

身体に影響が出てきます。

スポンサーリンク


「骨髄異形成症候群」の末期症状とは?



骨髄異形成症候群の症状は

血液細胞の減少による症状があります。

 

初期の段階では無症状の場合もあり、

血液検査などで

偶然見つかる事もよくあります。

 

赤血球の減少によって

貧血になり全身で酸素が不足し、

「体のだるさ・疲れやすさ

息切れ・動悸・めまい」

などの症状があります。

 

白血球の減少によって

「感染症にかかりやすい・発熱」

などが見られるようになります。

 

血小板の減少によって

「出血しやすい・皮下出血・内出血」

などが起きやすくなります。

 

骨髄異形成症候群が末期になってくると、

・少し動いただけで息切れや動悸がする

・歯茎などから簡単に出血する

という症状が出ます。

 

また、特に危険なのが

・感染症や合併症の症状が出る

・急性白血病となってしまう

場合です。

 

病気が進行するにつれ、

症状はひどくなり日常生活に

多大な支障をきたしてしまう病気です。

 

骨髄異形成症候群という病気よりも

それによって起こる病気が

非常に危険と覚えておきましょう。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!