「3時間睡眠続けると死ぬ」説の真相を解明!

この記事は2分で読めます

健康的な生活を送るためには

睡眠はとても大切です。

 

ですが、

現代の生活では夜勤のお仕事だったり、

夜勤ではなくとも仕事で遅くまで拘束されて

十分眠れなかったりしますよね。

 

しかし人間は夜行性の生き物ではありませんし、

まして短時間の睡眠では脳の疲労は取れません。

 

今回は「3時間睡眠続けると死ぬ」

という説を徹底解明したいと思います。

スポンサードリンク

短い睡眠時間の健康への影響とは?

 
「8時間も寝ていたら仕事ができない」と

いう声が聞こえてきそうですが、逆です。

 

忙しい人ほど良く寝てください。
 

 
成功する経営者やアスリートほど

良い睡眠をとっています。

 

例えば、

アインシュタインは寝室に鍵をかけて

10時間眠っていたそうです。

 

彼らは集中することや

判断するために使う前頭葉が、

睡眠によって回復することを知っているのです。

 

WHOも夜に8時間睡眠をとることを

推奨しています。

 

睡眠不足は体のあらゆる機能に影響を及ぼします。

 

集中力が落ちる、脳の機能が低下する等

すぐ思いつくようなものばかりではありません。

 

脳の機能が低下するということは、

脳が制御するあらゆる身体機能

が低下するということです。

 

代謝・内分泌の機能

自律神経、内臓機能が低下し、

太りやすい体になります。

 

肥満が多くの病気に結び付くのは

言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク


「3時間睡眠続けると死ぬ」説は正しい?



「私は3時間寝られれば大丈夫です」

と言っている方もいますが、

本当に効率よく仕事がこなせているでしょうか。

 

3~4時間の短時間睡眠で疲労が回復できる

ショートスリーパーの割合は

5~10%だと言われています。

 

つまり、

バリアブルスリーパー(6~8時間睡眠)

80~90%

ロングスリーパー(3~4時間睡眠)

5~10%

となっています。

 

もちろん10~20人に1人は、

ショートスリーパーがいる

計算になるのですが少数です。

 

ショートスリーパーは

レム睡眠(浅い眠り)の

時間が短いことがわかっています。

 

ノンレム睡眠(深い眠り)の間に

脳を回復させているのは変わりません。

 

また、訓練によって

ショートスリーパーになることはありません。
 

 
子供のころにはよく眠っていたという方は

ショートスリーパーの可能性は低いでしょう。

 

そういった方は日々のストレスや

生活習慣の変化による影響が大きく、

7~8時間の睡眠時間は

確保できるように治していきましょう。

 

まずは現代人にありがちな

眠る前にPCや携帯電話の画面を

見つめるのは避けるなどの努力が必要です。

 

ブルーライトが目に入ると

脳が昼間だと錯覚し、眠りが浅くなります。

 

また、脳が一番回復する時間は

夜10時~深夜2時までの間です。

 

この時間に深い眠りについていると、

前頭葉が回復します。

 

睡眠を深くする方法や眠りやすくする方法は

たくさんありますが、

どうしても寝れない方は

まずは睡眠サプリメントなどで

リラックスして寝てみるのはどうでしょうか?
 

 
【初回お試し30%OFF】★楽天1位獲得★【特許成分配合:睡眠サプリ】ネムリス-nemlis約30日分【送料無料】※お1人様1回【30日分x5個】まで ラフマ葉エキス/快眠サプリメント/不眠症/眠れない/ぐっすり/筑波大学裏出良博教授監修
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!