「はちみつ」は口内炎に効くってホント!?

この記事は2分で読めます


皆様は「口内炎」に

悩まされた経験はありますか?

 

口内炎と言えば、

ある日突然出現する厄介者です。

 

1つでも痛いのに何個もできてしまったら、

悲惨と言っても過言ではありません。

 

口内炎が治るまでは

どんなに好きな物を食べても、

他のことをしていても気持ちが晴れないでしょう。

 

今回はそんな口内炎に「はちみつ」が

もたらす効果を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「口内炎」の症状は?



口内炎とは、

舌や口の内側の粘膜に炎症を起こす物の総称

を指します。

 

口内炎としてもっとも多いのは、

「アフタ性口内炎」と言われています。

 

アフタとは、口の粘膜にできる

円形状のできもののことです。

 

鏡で見た時、白っぽいできものがあったら、

それはアフタ(灰白色斑)と言えます。

 

また、口内炎になっても痛みを

伴うものと伴わないものがあります。

 

別の疾患に伴う症状として

口内炎になることもあるので、

検査をしたうえで診断を確定する必要があります。

スポンサーリンク


「口内炎」の原因は?



では、なぜ口内炎に

なってしまうのでしょうか?

 

原因としては、5つあります。

①ビタミンB1、B2不足

②栄養不足

③睡眠不足

④口腔ケア不足

⑤ストレス

です。

 

ビタミンB1、B2不足や栄養不足は、

好き嫌いが激しいなどの

偏った食生活が原因と考えられます。

 

睡眠不足は、不規則な生活が

悪影響を及ぼしていると言えます。

 

口腔ケア不足は、歯磨きがきちんと

できていないことによるものと思われます。

 

ストレスは、ためこんでしまうと

心身にとって害でしかありません。

 

いずれの原因も、

改善の余地は十分にあるものばかりです。

 

普段の生活を見直し、口内炎を予防しましょう。

「口内炎」に「はちみつ」は効くの?

そんな厄介な口内炎を治すのに、

はちみつが効果的と言う説

があることをご存知でしょうか?

 

はちみつは殺菌効果が高いので、

菌の減少に作用があります。

 

それによって、口腔内の衛生を向上させ、

傷の治りを早めてくれます。

 

さらに、

はちみつにはビタミンB1、B2が

多く含まれているので、

使い続けることで口内炎を治すと同時に

予防にも役立ちます。

 

のど飴にも使われることがあるだけに、

うがい薬としても重宝します。

 

ただし、はちみつは傷口にしみやすいので、

少しずつ使う、水などで薄めてから使う

ことをお勧めします。
 
 

 
そもそも「はちみつ」は神々の食材

と呼ばれるほど体に良いもので、

口内炎にも効果があることは分かりました。

 

口内炎はおよそ

一週間~二週間ほどで完治します。

 

炎症の数や程度にもよりますが、

治るまでは刺激物の飲食は避け

はちみつも積極的に摂取しましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!