「額(顎)関節症」の病院は何科?症状や原因も紹介!

この記事は3分で読めます

「顎関節症」を「額関節症」と

単純な漢字間違いしやすいです。

 

今回はそんな「顎関節症」

 

大きな口を開けて笑っていたら

閉まらなくなってしまった!

口を開けるたびにカクカクと音が鳴る。

 

常にあごに痛みがある。

 

こんな経験がある人いませんか?

 

これらが長期間続いていたり

急激な痛みに耐えられない場合は

病院を受診する事をおすすめします。

 

きっと「顎関節症」である

と診断される事でしょう。

 

では、その時の病院は

何科に行けば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

「顎関節症」の症状は?



そもそも「顎関節」とは

何の事なのでしょうか。

 

まずはそこからご説明しましょう。

 

人の頭蓋骨は骨が組み合わさって

形成されています。

 

その一部分、

下あごの骨の突起部分と

側頭骨下面の関節部分を

結び付けている関節を

「顎関節」と呼びます。

 

その為、顎関節は左右に一ヶ所ずつあります。

構造としては骨と骨の凹凸の間に

関節円板と呼ばれる組織があり、

関節同士が直接接触しないような

仕組みとなっています。

 

物を食べる時や会話をする時など、

口を開ける際にはこの関節円板が

スムーズな動きとなるようサポートしています。

 

ただ1つ注意点として

「関節円板はずれやすい」という事が言えます。

 

関節円板の原料となるコラーゲンは

ある程度の伸縮性があります。

 

そして過剰な負荷がかかると

「伸びすぎてしまう」のです。

 

この事が原因で

口を開け閉めする際に音が鳴ったり、

口が空かなくなったりすると言われています。

スポンサーリンク


「顎関節症」の原因は?



顎関節症は誰にでも起こる症状です。

ですが原因がいくつか判明しています。

 

①かみ合わせの異常
 
元々かみ合わせが悪い場合、

顎関節症になる確率が高いと言われています。

 

昔は顎関節症の原因はこの

「かみ合わせの異常」だけだと

多くの人に信じられていました。

 

②筋肉の緊張(ブラキシズム)
 
歯ぎしりや歯を食いしばるなどは

筋肉が緊張する事によって

あごへの負担を大きくしています。

 

これは意識的にだけではなく

就寝中など無意識に起こる事もあるので

自分だけでは防ぎきれない事が多いです。

 

③ストレス
 
日中に受けたストレスが

夜間に歯ぎしりに繋がるなど、

筋肉の緊張と深い関係があります。

 

ストレスも仕事や人間関係など

様々な事に対して起こるので

いかにうまく発散できるかが問題です。

 

④咀嚼の偏り
 
食事をする時に右側(又は左側)

ばかりで咀嚼していませんか?

 

どちらか一方でばかり咀嚼していると

バランスが悪くなりあごへの負担となります。

 

⑤くせや習慣
 
寝る時はうつぶせで寝ている。

 

気付いたらよく頬杖をついている。

 

用事をしながら電話する時は

あごの下に挟んでしゃべる。

 

どれも人のクセや習慣と呼ばれるものです。

 

たまたまではなく常習的になってくると

左右どちらかに負担が大きくなっていきます。

 

原因は探せばまだまだ出てくるでしょう。

 

しかし気付いて治せるものから治していくと

顎関節症を回避する事が

できるのではないでしょうか?

「顎関節症」の病院は何科?



痛みや不快感に耐えられなくなった時、

頼りになるのは「病院」です。

 

ですが病院と一口に言っても

「何科」に行けばいいのでしょうか?

 

①歯科
 
あごと口は場所も近いので

一番に思い浮かぶ科かもしれませんが、

歯科は歯の専門医なので

始めから顎関節症を疑っている場合は

歯科に問い合わせてみる事が必要です。

 

②口腔外科
 
個人病院や規模の小さな病院では

あまり見かけない科ですが、

大きな総合病などで見かける事ができます。

 

口の事だけでなくあごや顔についても

診てもらえるのでおすすめです。

 

③カイロプラクティックや整体などの治療院
 
これらの治療院を聞くと

針やお灸をイメージする人が多いですが、

意外と顎関節症に詳しい先生が多い事。

 

通いやすい場所にある治療院であれば

問い合わせてみるべきです。

 

顎関節症になってしまった人も、

顎関節症かも?と疑いを持っている人も、

まずは病院でしっかりと

判断を付けてもらいましょう。

 

まだはっきりとわからない段階で自分勝手に

「冷やしたらいい。」「温めたらいい。」

「マッサージしたらいい。」

と行ってしまうと

やり方次第では悪化してしまう事もあります。

 

顎関節は生きていく上で欠かせない場所。

 

だからこそ正しい知識、正しい治療法を

知る事が必要だと言えます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!