アレルギー性紫斑病は大人もかかる?その症状や対処方法は?

この記事は2分で読めます

アレルギー性紫斑病は子供しか

かからないと思っていませんか?

 

アレルギー性紫斑病は

大人もかかる病気です。

 

子供のためにも、自分のためにも

初歩的な知識だけでも

身につけておきましょう。

 

今回はそんな

「アレルギー性紫斑病」

についてまとめました。

スポンサードリンク

アレルギー性紫斑病って?大人はかかる?

アレルギー性紫斑病とは

アレルギー反応によって

血管に炎症などが起こる事で

内出血による紫色のあざの他

様々な症状が現れる病気です。

 

原因ははっきりしていませんが

ウイルスや細菌などによる感染症の後に

発症する事が多いため

感染症や薬剤などを原因とした

体を守るための免疫システムの異常が

関係していると考えられています。

 

子供に多い病気で

特に3歳から10歳程度までの

割合が高いため

大人はかからないと

勘違いしている人も見られますが

大人もかかるので注意が必要です。
 

スポンサーリンク


アレルギー性紫斑病の症状は?

アレルギー性紫斑病の

主な症状を紹介します。

 

紫斑
 

 

皮膚に、内出血による

紫色のあざ(紫斑)が現れます。

 

特に下半身を中心に

現れる事が多いですが上半身に

広がる事もあります。

 

関節痛
 

 
下半身を中心として

手などにも関節痛が起こります。

 

ひどい痛みを伴う事もあります。

 

腹痛
 

 
繰り返し激しい腹痛に

襲われる事が多くあります。

 

吐き気や嘔吐を伴ったり血便が

見られたりする事もあります。

 

腎炎
 

 

アレルギー反応による炎症によって

腎炎が起きる事があります。

 

アレルギー性紫斑病の患者の内

半数程度に症状が見られ、

非常に重い症状になる事もあるので

注意が必要です。

 

アレルギー性紫斑病を発症した後

2ヶ月以内に腎炎を発症しなければ

発症の可能性は低くなる

と言われています。

 

その他
 

 
  • 発熱
  • 体のだるさ
  • 手足や顔にむくみ
などが見られる場合もあります。
 

アレルギー性紫斑病の治療方法は?

アレルギー性紫斑病は

原因がはっきりしていない病気なので

確実な治療法や薬などはありません。

 

できるだけ安静にして各症状に対し

対症療法をしていく事が基本になります。

 

痛みを抑えるための湿布や痛み止め

炎症を抑えるために

ステロイドを使う事もあります。

 

腹痛や腎炎などの症状によっては

入院措置が取られます。

 

ほとんどの場合は

発症から数ヶ月程度で治りますが

原因を治療できているわけではないので

再発する事があります。

 

そのため、完治後も定期的な

検査をする事が勧められます。

 

アレルギー性紫斑病は、

アレルギー性で免疫力に関わる病気なので

常に体調に気をつけ規則正しい生活をして

アレルギーの原因となるものに

注意を払う事である程度

予防する事ができます。

 

それと同時に特に子供の場合は

単なる怪我やあざだと思っていたら

病気だったという事がないように

日頃から症状などに気を配りましょう。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!