神経膠芽腫の症状や原因は?最期(余命)は?遺伝や再発も?

この記事は2分で読めます

かなり悪性の腫瘍である神経膠芽腫。

 

この腫瘍は脳と一体化してしまうため、

治療するのがとても困難だと言われています。

 

かなり大変なものであることが

分かるのではないでしょうか?

 

そこで今回はそんな

神経膠芽腫について気になることを

簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

症状や原因は?

まず、

神経膠芽腫の症状や原因についてです。

 

神経膠芽腫の症状は頭痛、吐き気、嘔吐、

そして体の麻痺や意識障害があります。

 

何故、

このような症状が起きるのかというと

 

腫瘍が大きくなることによって

頭蓋骨の内部圧が高くなるからです。

 

特に頭痛の症状が顕著に現れることが多く、

頭痛と腫瘍の箇所が一致することもあります。

 

また、脳に腫瘍ができるため

脳が機能しなくなることもあります。

 

発生部分によるのですが、

運動障害、読み書きや計算が出来ない、記憶低下

など様々な症状を引き起こします。
 

スポンサーリンク


余命はどれくらい?

神経膠芽腫の場合はかなり悪性の腫瘍のため、

死亡確率はかなり高まっていきます。

 

平均的に余命は1年半と言われていて、

5年生存率はわずか10%です。

 

ものすごく恐ろしい病気だということが

分かるのではないでしょうか?

 

昔と比べてもあまりこの分野の治療が進んでおらず、

生存率も昔と今でほとんど変わっていません。

 

この病気になると、

最期を迎える人が多いということです。

 

再発や遺伝も?

そして、

神経膠芽腫はせっかく治ったとしても

再発率が高いのも致死率が高い一つの要因です。

 

再発した場合、

余命はさらに短くなり

大体半年ぐらいになると言われています。

 

あと気になるのは、

「遺伝はするのかしないのか?」

ということではないでしょうか。

 

これについては、

成人と小児の神経膠芽腫では

遺伝的要因が違ってくると言われています。

 

神経膠芽腫については、

まだまだ医療が追いついていなく

かなり大変な病気であるということが言えるでしょう。

 

1人1人がしっかり情報収集し、

取捨選択をして情報を受け取ることが大事だと言えます。

 

神経膠芽腫の認知を高めましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!