白菜キムチとカクテキのカロリー、糖質の違いは?

この記事は2分で読めます


キムチは塩漬けの一種にすぎないのですが、

日本の「白菜の浅漬け」と比べて、

別格な感じがします。

 

もちろん全てを紹介することはできませんが、

日本でもおなじみの

白菜キムチとカクテキのカロリー、糖質の違い

などを見ていきましょう。

スポンサードリンク

キムチのカロリーは?

キムチは主原料や副材料などによって

たくさんの種類があって、

韓国の研究機関によると

主原料の分類だけで187種類にもなるそうです。

 

今回は日本で代表的な

2種類のカロリーを見ていきましょう。

○白菜キムチのカロリー、糖質



一番ポピュラーなキムチです。

 

鍋料理や、チャーハンの具材にも使われます。

 

4等分ぐらいにした白菜を塩漬けにしてから、

キムチの元(ヤンニョム=薬味)

を挟んでいきます。

 

塩漬けの塩もヤンニョムも、

白菜の葉1枚1枚に丁寧に塗り込む

根気のいる作業です。

 

カロリーは100gあたり45.92kcal、

ナトリウムは631.01 mg、

糖質は0.68gです。

 

○カクテキのカロリー、糖質



焼肉店などで添えられてきますので、

よく目にします。

 

角切りにした大根を塩漬けしてヤンニョムに漬けます。

 

シャキシャキした歯ごたえがくせになります。

 

カロリーは100gあたり42.93kcal、

ナトリウムは599.13 mg、

糖質は0.45gです。

スポンサーリンク


キムチの健康効果とは?

キムチはどれも低カロリーなうえに、

葉物野菜の繊維成分と

ビタミンやミネラルがとても豊富です。

 

 

さらに、漬け始めてから2~3週間位の

おいしく熟成したキムチは、乳酸菌の宝庫です。

 

乳酸菌は、ヨーグルトと同じように

整腸作用や抗菌作用、老化防止など、

多方面で注目を集めています。

 

また、

唐辛子の「カプサイシン」の効果は

広く知られている通りですが、

一緒に漬ける薬味の効果も見逃せません。

 

スタミナ増進や新陳代謝を活発にするにんにくと、

血液の循環を良くする生姜とで、

体内の老廃物を外へ排出してくれる

デトックス効果があります。

 

近年では、

キムチに含まれる「アラニン」という成分が、

肝機能を増進させることがわかってきているので、

二日酔いにも効きます。

 

いくら体に良いからと言って、

辛さのあまり味覚障害にならないように気を付けながら、

上手に取り入れてください。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!