重粒子線治療の癌への効果やリスクは?保険が効かず費用が高い?

この記事は2分で読めます

先進医療として

注目されている重粒子線治療。

 

医療業界では、

癌治療に革命を起こすのではないかと

言われています。

 

果たして定着して

革命を起こすのでしょうか?

 

そんな重粒子線治療について、

いろいろと気になることを調べてまとめました。

スポンサードリンク

重粒子線治療とは?

まずは、重粒子線治療について

分かりやすく説明していきます。

 

重粒子線治療とは、

放射能を用いたガン治療の1つです。

 

従来のエックス線や陽線治療との違いは、

照射回数と副作用をさらに少なくし、

治療期間をより短くすることが可能とされています。

 

簡単に言うと、

体への負担が少なく、

早く治すことができる放射能治療といったところでしょう。

 

なぜ、従来の放射線治療よりリスクが低いかというと

がん細胞をピンポイントで狙い撃ちし、

正常細胞へのダメージが少ないことと、

回数自体が少ないからです。

 

まさに最先端医療なのです!
 

スポンサーリンク


効果はいかほど?

気になるのは、

どれほど重粒子線治療は効果があるのか?

ということでしょう。

 

重粒子線治療は従来の治療と比べて、

生存率がかなり高まっています。

 

特に、乳がん、肺がん、前立腺がんにおいては

かなりの効果が期待されています。

 

そこで気になるのは、

重粒子線治療の医療費です。

 

費用が高いのがネック

重粒子線治療は保険が効かないので、

費用がとても高いです。

 

医療費は、

治療費や入院費を諸々込めて

300万円以上します。

 

これを高いと思うか低いと思うかは、

個人の価値観による問題でしょう。

 

命はまさにプライスレスですので、

お金に換えることは出来ません。

 

しかし、お金には命を救う可能性があります。

 

重粒子線治療を検討するときは、

しっかりと考えて決めるのをオススメします。
今後、

重粒子線治療がもっと身近なものになっていけば、

保険が効くようになるかもしれません。

 

そうしたら、

多くの人の命が救われるのではないかと予想しています。

 

日本の5人に1人はガンが死因と言われていますので、

日本の平均寿命が延びることになるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!