ペットボトル症候群の症状は?お茶は大丈夫?子供は特に注意!

この記事は2分で読めます


もうすぐ夏ということで、

気をつけなければならないのが

「ペットボトル症候群」です。

 

特に子供は

ジュースが大好きですので、

ペットボトル症候群に

陥りやすいです。

 

お母さんなど、

家族ぐるみでの対策が

大切となってきますね。

 

そこで今回は

ペットボトル症候群について

気になることを

簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

ペットボトル症候群の症状は?

ペットボトル症候群とは

スポーツドリンクや

清涼飲料水などの

飲み過ぎることによって起きる

急性の糖尿病のようなものです。

 

特に、この暑い季節は

注意が必要です。

 

また、このような急な糖尿病は

アイスを食べることでも

引き起こされると言われています。

症状としては、

喉が渇いたり

体がだるい感じになったり、

 

最悪の場合、

昏睡状態に陥ると言われています。

 

命に関わる

とても危険な病気なのです。
 

スポンサーリンク


飲むのはお茶と水にしよう!

夏は特に熱中症が気になりますが、

なるべく糖分が高い飲み物を

飲むことは避けましょう。

 

基本的には、

ミネラルウォーターを

飲むのが好ましいですが、

水が苦手な方はお茶でも良いです。

 

熱中症対策の場合は、

少し塩分も取った方がいいので

塩水がオススメです。

drink_water_boy
ペットボトル症候群は、

若い男性によく見られる

症状ですので、

 

「俺もしかしたらヤバいかも・・・」

と思う方は意識して

改善していきましょう!

 

子供も注意!

また、子供は甘いものが

好きな傾向があるので、

ペットボトル症候群に

陥りやすいと言われています。

 

小さい子供の

面倒を見るのは両親ですので、

親が自覚を持って

子供のペットボトル症候群対策を

していきましょう。

 

大切な子供が病気になって、

大変なことになるよりは、

 

少し我慢させて、

甘いモノを控える

意識を持ちましょう。

 

小さい頃から、

あまりコーラなどを

飲ませすぎてしまうと、

その味を覚えてしまい

 

大人になったときの

生活習慣病のリスクなどにも

関わっていきます。

 

ペットボトル症候群には、

夏の時期特に注意です。

 

また関連して、

この時期のアイスの

食べ過ぎにも注意です!

 

アイスによって

糖尿病になることもあるのです!

アイスの食べ過ぎで糖尿病!!


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!