2014年も太平洋側の海は危険か?放射能の影響はどれくらい?

この記事は2分で読めます

もうそろそろ夏真っ盛り。

 

夏と言えば、

みんなで海水浴に行きたくなりますよね。

 

・・・しかし、

福島原発事故の影響もあり

海水浴は大丈夫なのかとても心配です。

 

そこで今回は、

特に太平洋側の海の放射能の影響について

気になることを簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

2014年太平洋側の海は?

夏は海水浴に行きたくなりますが、

特に太平洋側の海は放射能の影響は大丈夫なのでしょうか?

 

いきなり私の見解を述べると、

「2014年も太平洋側の海は危ない。」

そう思います。

 

実際、放射能の影響はかなり出ています。

 

メディアではあまり公表されてはいませんが、

インターネット上の発信を見ているとそれは顕著です。

 

スポンサーリンク


奇形魚・・・

皆さんは、

奇形魚の存在をご存知でしょうか?

 

奇形魚とはそのまんまですが、

形がオカシイ魚のことです。

 

これは、太平洋側によくみられています。

 

例えばですが、

背骨がかなり曲がっている魚など。

 

もっとエゲツないのもありますが、

気持ち悪いのでここには載せません。

 

これは千葉県など太平洋側に見られている現象ですが、

もちろん、放射能の影響です。

 

先日、私の友人が太平洋側の海に釣りに行って

Facebookに釣った魚を載せていました。

 

それを見て私はビックリしました。

 

なんかその魚には、

変なコブみたいなのがあったんです。

 

もちろん、元々そういう魚ではありません。

 

私は

「あの魚どうしたの?」

と聞いたら、

 

彼は

「食べたよ!」

と言いました。

 

それ以上、

この件については追求していません(笑)

 

知らぬが仏という言葉もありますしね・・・
 

魚市場では・・・

実は私は最近まで

お寿司屋さんの手伝いをしていたのですが、

 

魚など海産物を扱っている市場では、

放射能に汚染されている魚リストみたいなのが提示しています。

 

正直言うと、かなりの数で

「こんなに!?」という感じです。

 

そのリストは

最初は誰でも見られるところにあったのですが、

今ではかなり端っこの方に追いやられています。

 

皆の意識が低くなっているような感じがしますね・・・

 

放射能の影響が露になっていくのは、

2015,16年くらいでしょう。

 

それまでは、

太平洋側の海に入らない方が良いというのが

私の見解です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!