レジオネラ菌は感染症で症状は?旅館や温泉での対策は?

この記事は2分で読めます


たまにレジオネラ菌によって

死んでしまうというニュースが流れます。

 

日本は温泉大国ということもあり、

結構話題になることがありますが、

 

「レジオネラ菌とはそもそもどういうものなのか?」

「対策はどうなっているのか?」

など

 

気になることを調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

レジオネラ菌とは?

まず簡単に、

レジオネラ菌というものについて

説明していきます。

 

レジオネラ菌は

自然界のどこにでもに生息する菌です。

virus_character
どこにでもいるのですが、

温泉や旅館などによく見られる菌でもあります。

 

それはなぜかというと、

レジオネラ菌が一番元気になる温度

39℃前後と言われているからです。

 

しかし、近年は温泉や旅館だけにとどまりません。

 

循環式浴槽水、給湯器の水などに生息する

バイオフィルムに寄生し増殖していることもしばしば。

 

かなり問題になっています。

 

時期的には、

梅雨も含めて初夏に最も多く見られる菌でもあります。
 

スポンサーリンク


感染症の症状とは?

レジオネラ菌に感染すると

レジオネラ肺炎というものになってしまいます。

 

このレジオネラ肺炎は死亡率が約3割とかなり高いのが特徴で、

かなり危険だということが分かります。

 

症状としては

高熱、咳、頭痛、筋肉痛、悪感等の症状が起こり、

進行すると呼吸困難になり、下痢、意識障害等を併発します。

 

他に、レジオネラ菌を大量に吸い込むことによって

ポンティアック熱というものあります。

 

ポンティアック熱の症状は、

倦怠感、頭痛、咳などですが、

レジオネラ肺炎より症状は軽いです。

 

旅館や温泉での対策は?

ここで一番問題なのが、

「対策はどうなっているのか?」

ということです。

 

多くの施設では、

対策をしっかり行っていますが、

 

時々ニュースになるということは

完全だとは言い切れないでしょう。

 

対策は基本的には塩素消毒です。

 

レジオネラ菌対策を専門に扱っている業者などもありますので、

もし対策に困っている温泉や旅館の運営様は、

そちらに相談してみるのもありだと思います。

 

今後もまだまだ油断は出来ない

レジオネラ菌には注意です。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!