刺身のカロリーは低いのになぜ太る!?カロリー一覧も!

この記事は2分で読めます


お刺身のカロリーを

気にされたことはあるでしょうか?

 

お刺身ダイエットというのもありますよね。

 

しかし、

低カロリーにも関わらず

食べ方を知らないと

太ってしまうという謎を抱えています。

 

太らない食べ方やお刺身のカロリーが

どのくらいあるのかなどお答えしましょう。

スポンサードリンク

刺身のカロリー一覧表

お刺身のカロリーを一覧にまとめてみました。

 

・まぐろ/赤身30g:38kcal
・まぐろ/とろ30g:103kcal
・さんま25g:78kcal
・はまち30g:77kcal
・あじ25g:30kcal
・まいわし25g:54kcal
・さば25g:51kcal
・キングサーモン25g:50kcal
・たい25g:49kcal
・かつお25g:41kcal
・ひらめ25g:31kcal
・すずき25g:31kcal
・たこ25g:25kcal
・ほっき貝25g:18kcal
・赤貝3個24g:18kcal
・つぶ貝2個20g:17kcal
・ほたて25g:24kcal
・いか25g:22kcal
・甘エビ3尾15g:13kcal
 

スポンサーリンク


カロリーの低いのになぜ太る?

お刺身は基本的な食事と比べると、

痩せるような気がします。

 

でも、

逆に太ってしまうという方々が

後を絶ちません。

 

成功している人とどこが違うのか、

それをお答えします。

 

お刺身はあさっりしているので、

実は普通の食事より

たくさん食べているのです

 

そして、

満腹になるまでお刺身を食べ続けてしまう。

 

同じお刺身を食べるのであれば、

マグロやサーモンといった

脂身のあるお刺身を食べて

お腹を満たしてあげることが重要です。

 

タコや貝類などの味が淡白で

カロリーが低いネタをたくさん食べるよりも、

満腹になりやすく

トータル的にカロリーも低くなります。

 

わさびをたくさんつけすぎたり、

他の物を食べすぎたりするせいで

余計に太ってしまう原因になります。

 

例えば

・エビ
・いか
・ほたて
・つぶ貝
・タコ

があげられます。

 

さらに、

お刺身食べる上で知っておきたい事は

お刺身は酸化しやすい!

ということです。

 

気を付けないといけないのは、

お刺身は新鮮なものを選びましょう。

 

そうすることで、

体内で消化するときに

体が酸化しづらくなります。

 

お刺身を食べて太らない方法として

・淡白な味のネタの食べ過ぎない

・新鮮なネタを食べる

・少し脂身があったりするものを少量食べる

これを守っていけば、

ダイエット成功に向けた

道しるべができたのではないでしょうか?

 

刺身の健康効果は?

低カロリーで高たんぱく、

魚の脂にはDHA-EPが多く含まれており、

動物性のたんぱく質も摂れる。

 

実は非常に優れた食材なのです。

 

また、

通常一般的に食べているお肉は

コレステロール値を上昇させ、

生活習慣病の原因にもなります。

 

しかし、

お刺身は「EPA-DHA」などの

不飽和脂肪酸が働きかけ、

血中のコレステロール値を下げ、

血液をサラサラにしてくれる働きがあるのです。

 

是非みなさんも、

お刺身の健康効果、カロリーを知り

美味しく食べてください。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!