無痛分娩の痛みやリスクは?時間や費用はかかる?

この記事は2分で読めます

女性のお産のときの痛みを和らげる無痛分娩。

 

痛みに弱い女性などにとっては、

かなり助かる手法として知られています。

 

色々と物議をよんでいますが、

実際のところはどうなのでしょうか?

 

そこで今回は、

無痛分娩について気になることを

色々とまとめてみました。

スポンサードリンク

本当に痛みはないの?

まずは根本的なところから。

「無痛分娩って本当に痛くないの?」という

疑問についてです。

 

一言に「無痛分娩」といっても、

色々な種類があるのをご存知でしょうか?

 

・全く痛みのない完全無痛分娩

・全く感覚のないもの

・少しは痛むもの

・陣痛は経験するもの

 

病院によって

それぞれ違うみたいですので

 

無痛分娩を検討している方は、

よく相談することが大切でしょう!
 

スポンサーリンク


リスクはあるの?

次に気になるのは、

「無痛分娩にリスクはあるの?」

ということです。

 

これに関しては、

リスクは全く無いわけではないです。

 

・痛みがないために力を入れるタイミングが分からなくて、

 時間がかかってしまうことがある。

 

・麻酔の効き過ぎで産後、

 しばらく無感覚状態になり歩けなくなる

 

しかしこれらは、

お母さんが背負うリスクです。

 

大切な赤ちゃんにリスクはないと言われているので、

個人的には無痛分娩は良いモノだと思っています。

時間や費用は?

無痛分娩には時間や費用がかかるのでしょうか?

 

時間に関しては、

麻酔をしたりなどの時間はかかりますし、

痛みがないことでタイミングが分からずに長引いてしまうことはあります。

 

費用はもちろん病院にもよりますが、

無料のところもあるそうです。

(もちろん出産費用自体はかかります)

 

大体のところでは、

出産費用+数万円という感じだそうです。

 

日本人は無痛分娩に比較的消極的ですが、

女性にとってはかなり素晴らしいモノだと思います。

 

もちろん今までお腹を痛めて生んできたわけですから、

非常識的なことになるかもしれません。

 

しかし、

子供への愛情というのは変わらないはずです。

 

今後、日本でも積極的に無痛分娩が行われると予想しています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!