松坂大輔は最近見ないけど引退!?原因は成績?怪我?

この記事は2分で読めます

プロ入り前から「平成の怪物」と呼ばれ、

鳴り物入りで西武ライオンズへ

入団した松坂大輔選手。

 

プライベートでは、

当時日本テレビアナウンサーだった

柴田倫世アナと2004年12月に結婚し、

2005年に第一子となる女の子、

2008年に第二子となる男の子、

2010年に第三子となる女の子

を授かっています。

 

2007年からは

メジャーリーグへ移籍していました。

 

そんな松坂大輔選手を

最近見かけなくなりましたが、

引退するのでしょうか?

 

成績や怪我が原因なんでしょうか?

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

松坂大輔選手が引退!?

2015年、メジャーから

福岡ソフトバンクホークスへ

移籍してきた松坂大輔選手。

 

この年のオープン戦では結果を残せず、

筋肉疲労などで離脱。

 

加入1年目は1軍登板なし

という結果に終わりました。

 

チームは2年連続日本一に輝いただけに

「嬉しい気持ちと、そこに入ることが

出来ない悔しさがあった」

と悔しさを覗かせています。

 

今年に入ってからも

推定4億と言われている

球界トップクラスの年俸ですが、

1軍入りすら果たせていません。

 

2軍で先発していますが、松坂選手も

「(申し訳ない気持ちは)ファンにも、

球団に対してもあります」

と悲痛な声を絞り出して答えています。

 

ファンの間では、

引退を望む声や給料泥棒と言ったことも

以前から言われていました。
 

スポンサーリンク


松坂大輔選手の成績は?

肝心の成績は

4月14日 阪神戦

1回 14球 1安打 0四球 0失点

4月20日 中日戦

2回 52球 4安打 3四球 2失点

4月27日 中日戦

4回 61球 5安打 2四球 3失点

5月4日  オリックス戦

4回 66球 2安打 2四球 0失点

5月14日 広島戦

1回2/3 65球 7安打 3四球 9失点

0勝3敗 防御率7.82

とファンの期待を

大きく裏切るものでした。

 

このまま復帰出来なければ、

引退も考えなくては

ならないかもしれませんね。

 

松坂大輔選手の怪我の状態は?

2015年8月に利き腕である

「右肩関節唇及び

腱板クリーニング術」

の手術を受け、その後も

「ベネット骨棘切除術」

「後方関節包解離術」

を受けています。

 

この手術後、

リハビリの為に日本より

環境が整っているからと

家族の住むアメリカ本土、

さらにはハワイでVIP待遇の

リハビリを行っていたそうです。

 

この過程を経て

2016年は復帰の年となるはずでした。

 

自主トレを公開して、松坂選手は

「投げることに対して不安、

痛みがない感覚は

米国に行った年以来ですかね。

自身もそうですし、医学的には100%。

安心してキャンプに臨めます」

と語っています。

 

2軍戦では復帰する予定もありそうですね。

 

今回は松坂大輔選手の引退についてや

成績、怪我の状態などにつて調べてみました。

 

このまま活躍出来なければ、

引退も仕方ないかもしれませんね。

 

成績もファンが望むものではありませんでした。

 

怪我の具合は本人は順調だと語っていましたが、

後は結果を残せるかでしょうね。

 

いずれにせよ、

勝負の年になりそうですね。

 

関連しまして、

この選手も実はケガに

苦しんでいたってご存知でしたか?

⇒ダルビッシュ有が受けた

トミージョン手術って?今後は?

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!