キャベツはカロリー高い?リバウンドしやすい!?

この記事は2分で読めます

キャベツは人によって、

色々なイメージを持っています。

 

キャベツってカロリー低いけど、

健康に悪いよねー

や、

キャベツって

リバウンドしやすいんだよ!

と色々聞きます。

 

今回はそんな

キャベツの偏見を

解消すべくまとめました。

スポンサードリンク

キャベツの健康効果は?

キャベツはアブラナ科の多年草で、

甘藍、玉菜とも呼ばれます。

 

1年を通して売られている野菜で、

その種類は大きく分けて

春キャベツ、夏キャベツ、

冬キャベツがあり、

春キャベツは

3月~5月が旬の柔らかいキャベツです。

 

これは市場に最も出回っているのが

冬キャベツになります。

 

また、

アブラナ科の野菜には

がんを予防する働きがある

とされます。

 

キャベツは様々な

ビタミンを含む健康的な食材で、

中でもビタミンCが

多量に含まれています。

 

100グラムのキャベツの中に

41ミリグラムの

ビタミンCを保有していて、

キャベツの葉を数枚食べれば

1日に必要な量を補うことができます。

 

ちなみにこれはレモン2分の1個に

含まれるビタミンCと同じ量です。

 

ビタミンCは

疲労回復、風邪の予防

などに効果があります。

 

他にもキャベツといえば

ビタミンUが代表的です。

 

ビタミンUは

胃薬の主成分としても使われ、

胃壁を保護し、肝機能の向上、

新陳代謝を活発にして

脂肪を燃焼する

などの働きがあります。

 

キャベツはカロリー高い?

キャベツは

中サイズ1玉(約1000グラム)で

235キロカロリー

です。

 

100グラムあたり約23キロカロリーなので、

とてもヘルシーで低カロリーな食材です。
 

スポンサーリンク


キャベツのダイエット方法は?

キャベツを使ったダイエット方法に、

夜キャベツダイエット

があります。

 

キャベツは腹持ちがいいので、

夕食前にキャベツを食べます。

 

主食をたくさん食べなくても

満腹感を感じることができるので、

ダイエットに効果的だと言われています。

 

1玉の6分の1ほどの

キャベツをよく噛んで食べましょう。

 

早食いすると

ダイエットの意味がなくなります。

 

よく噛むことで満腹感を

より感じられるため、

大体10分ぐらいかけて食べるようにします。

 

この時注意するべきなのは、

煮たり焼いたりしたキャベツではなく、

生のキャベツを

使用するということです。

 

固くて食べられない人は

少しゆでて柔らかくしても大丈夫です。

 

キャベツダイエットを

継続するうえで重要なのは、

どうしても途中で

食べ飽きてしまうことです。

 

その場合、

キャベツにノンオイルの

ドレッシングをかけて、

味付けして食べれば問題を解決できます。

 

キャベツはリバウンドしやすい?

キャベツダイエットは

リバウンドしにくい

と言われています。

 

リバウンドが起こる原因として、

毎食1種類の食べ物しか

食べないなどの

極端な食事制限を行う

無理なダイエットを行うことが

理由として挙げられます。

 

今回紹介したキャベツダイエットなら、

無理な食事制限もなく、

急激に結果を求める

ダイエット法でもないので、

リバウンドが起こりにくいのです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!