恥骨結合炎の症状と原因は?サッカーに多く中田ヒデも苦しめられた!

この記事は2分で読めます

妊婦さんが発症しやすい恥骨結合炎。

 

その他、野球選手やサッカー選手などにも

見られることがあります。

 

別名として、

鼠径周辺部痛症候群と呼ばれることもあります。

 

そこで今回はそんな恥骨結合炎について、

気になることを調べてみました。

スポンサードリンク

症状は?

恥骨結合炎とは、

恥骨(股関節あたりの骨)の結合部に損傷により

炎症起きてしまうケガのことです。

 

痛みは、恥骨前からはじまり、

内転筋に一致した運動痛、圧痛、時に

鼠径部や大腿内側、腹部にまで放散することがあります。

 

妊婦さんに多く見られるほか、

 

サッカーが大半を占め、野球、陸上、ラグビー、ホッケー、

などの競技では20歳前後の男子選手にも多く発生します。
 

スポンサーリンク


原因は?

原因は急な動作によるものとされています。

 

急に止まったり動いたり、

方向転換などの動作です。

 

サッカー、バスケ、ホッケーなどでは、

相手ドリブルをディフェンスする時などもそうですし、

 

野球やソフトボールでは、

急な守備や走塁などで

恥骨を痛めてしまう場合が結構あります。

 

そうならないためには、

普段から股関節周りの筋肉をストレッチして

よくほぐしておくことが大切ですし、

 

水分補給などをしっかりして、

身体に良い状態を保つことが大切でしょう。

 

多くの有名人が発症している!

恥骨結合炎は多くの有名人が発症しています。

 

元日本代表のサッカー選手である、

中田英寿さんなどもその1人です。

中田英寿 鼓動 (幻冬舎文庫)

サッカーファンの話では中田英寿さんは、

恥骨結合炎によってパフォーマンスが落ちて

引退に追い込まれたのでないかという説もあるようです。

 

他にも、サッカー選手では

ゴン中山こと中山雅史さんも恥骨結合炎に悩まされた1人です。

 

中山雅史さんの場合は、

手術をするためにわざわざドイツにまで行っています。
スポーツ選手にとっては、

かなり大きな怪我だということが

よく分かりますね。

 

妊婦さんはもちろん、

スポーツをやっている方は特に

恥骨結合炎には気をつけましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!