夏バテ対策に選ばれる2つ果物は?効果的な食べ方は?

この記事は2分で読めます

夏の暑い時期に入ると

みずみずしい果物が

食べたくなりますね。

 

その暑い時期になると様々なことに

注意しなければなりません。

 

虫よけ、汗も、日差しなど

多くありますが、

気を付けなければいけないのは

夏バテもその一つです。

 

その活発に動ける時期に

夏バテで体調不良では

楽しめないと思います。

 

今回は夏バテ対策の果物について紹介します。

 

スポンサードリンク

夏バテ対策に選ばれる果物1

 

個人的に

「スイカ」

は夏バテ予防に

一番適した果物だと思います。

 

スイカの約90%は

水分でみずみずしいです。

 

そのため、

乾いた喉の乾きを癒やして、

暑い夏で汗をかいた時の

水分補給としてぴったりだと思います。

 

そのスイカには

ビタミンB1、B2、

ビタミンC、カリウムなどの

ビタミンやミネラルが

含まれています。

 

特にビタミンB1,B2は

夏バテ防止に効果がある

といわれます。

 

また、

スイカには体の熱をさます効果があり、

新陳代謝も高めるといわれます。

 

なおスイカに適度な塩をかけると

夏バテ防止の効果が高まり、

汗をかくことで失われた

水分・カリウム・ナトリウムを

バランスよく補給できるようです。
 

スポンサーリンク


夏バテ対策に選ばれる果物2

 

「キウイフルーツ」

はスイカ同様、

体の熱をさます効果があります。

 

ビタミンC、ビタミンEなども

豊富に含まれていますので、

抗酸化作用や美白効果もあります。

 

食物繊維もバナナ約3本分

含まれています。

 

食物繊維は腸内環境を整えて

便秘を予防・解消に効果があります。

 

さらにキウイフルーツは

クエン酸・キナ酸・リンゴ酸などの

有機酸が多く含まれ、

疲労回復に役立つので

夏バテに最適だと思います。

 

また、

キウイフルーツは肉や魚の消化を

良くするアクチニジンという

タンパク質分解酵素が含まれています。

 

このアクチニジンは、

たんぱく質を消化しやすくなるので

夏バテで弱った胃腸を

サポートしてくれます。

 

果物の効果的な食べ方

 

果物はとても消化の

良いものだと思います。

 

ただし、

胃が空っぽのときに食べないと

効率よく摂取できない

というはご存知でしょうか?

 

果物を食後に食べると、

その前に食べたご飯やおかずなどに

阻まれて排泄までの流れが

スムーズに行かなくなるので

控えましょう。

 

そのため果物は胃が空っぽのときの

食前に食べると消化が

良くなると言われています。

 

また、

果物の効果を高めるには

新鮮で熟した生の果物を摂取すること

が大切なようです。

 

夏バテの原因は睡眠不足や運動不足など

普段からの生活習慣も関係しています。

 

そのため夏バテ対策として

上記で紹介した果物だけにこだわらず、

自分に合ったバランスのよい

食事をすることも大切だと思います。

 

また、

体調の悪い時は無理をせず、

自身の身体を労ることが大切だと思います。

 

夏バテに関連しまして、

夏バテの症状に果物以外での

効果的な方法は何でしょうか?

⇒夏バテ症状に効く食事と栄養は?胃のむかつきやしびれに注意!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!