日本脳炎の追加ワクチンを忘れた場合は?受けない選択もアリ?

この記事は2分で読めます

赤ちゃんは注意しなければならない日本脳炎。

 

ワクチンの接種が非常に複雑なことから、

結構混乱してしまいがちです。

 

また、ワクチンの副作用も気になるところ。

 

そんな日本脳炎やワクチンについて

気になることを分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

日本脳炎とは?

まず、日本脳炎とはどういう病気なのか簡単に説明します。

 

日本脳炎はウイルスによって感染する病気で、

感染媒体となるのが蚊です。

mushi_ka
1000人に1人の確率で感染して、

突然の高熱、頭痛、嘔吐にみまわれ

死亡する場合もあります。

 

死亡しなくても後遺症が残る場合もあります。
 

スポンサーリンク


ワクチンの副作用が怖い?

日本脳炎の感染を防ぐために、

国はワクチンの接種を呼びかけています。

 

国の発表では、

ワクチンの効果によって75%以上感染を

防ぐ確率が上がるそうです。

 

しかし、ワクチンの接種によって

副作用の症状が出ることから、

予防接種を受けないという選択をする人も増えています。

 

最近、副作用が少ないと言われていた

新型日本脳炎ワクチンの接種を呼びかけていますが、

死亡例が出るほど副作用が大きなものになっています。

 

ワクチンの接種は義務でなく、

推奨されているものなので

 

副作用が怖いから日本脳炎になるリスクを取るか、

ワクチンによってそれを防ぐかは各々の判断となっています。

 

個人的にはワクチンを接種した方が良いと思います。

 

どんな薬も決して100%安全というわけではありませんし、

日本脳炎になるよりはワクチンで防いだ方が良いという考えです。

 

追加を忘れる人も

日本脳炎ワクチンの接種スケジュールは複雑です。

 

第1期は3回受けます。

 

初回接種(2回):生後6か月以上90か月未満(標準として3歳)

追加接種(1回):初回接種後おおむね1年後(標準として4歳)です。

 

追加接種が1年後のため、忘れる人も多いようです。

 

忘れていて思い出したら、

しっかり受けにいきましょうね。

 

第2期は1回です、

9歳以上13歳未満(標準として9歳)です。

 

日本脳炎は予防接種のこともあり複雑ですが、

しっかりと知識をもって対処していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!