秋花粉症はいつからいつまで?症状は熱や咳や頭痛も?

この記事は2分で読めます

花粉症といえば春というイメージですが、

最近は秋花粉症も流行するようになってきました。

 

シーズンの秋花粉症は

いつからいつまで?

 

症状には熱や咳や頭痛もある?

 

など、気になることを簡単にまとめました。

スポンサードリンク

いつからいつまで?

秋花粉症は大体ですが、

秋の花粉症の時期は8~10月になります。

 

それは花粉症の原因となる

イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉飛散時期が

大体8月〜10月となるためです。

 

しかし、

例外もあるので注意しなければなりません。

 

有名なスギは

9月から花粉を出し始めます。

mask_woman
もちろんピークは春頃なのですが、

それでも飛散量は多いので注意が必要です。

 

これを踏まえると2014年の秋花粉症は

8月から始まって、

9月頃にピークを迎え

大体10月に終わりを迎えると抑えておけば良いでしょう。
 

スポンサーリンク


症状には熱や鼻水や頭痛!?

花粉症というと一般的には

鼻水やくしゃみなどの症状を想像すると思います。

 

しかし、秋の花粉症は

ちょっと症状にクセがあります。

 

まずは熱です。

 

秋の花粉症は、

微熱を引き起こすことで知られています。

 

ここで厄介なのが風邪との境目です。

 

熱が出るので、

花粉症じゃなくて風邪を疑う場合が多く、

勘違いしてしまう可能性があるのです。

 

秋花粉症はあくまで微熱がでます。

(人によって違いますが大体37度前後)

 

風邪か花粉症かの判断は、

そこを気をつけてみてください。

 

そして咳も出ます。

(さらに、ややこしいですね)

 

咳は乾いた感じの咳が出ますので、

注意してください。

 

あとは頭痛もあります。

 

もし、風邪か花粉症か分からない場合は、

素直に病院に行くことをオススメします。

 

予防しよう!

秋花粉症はなる前に予防しましょう!

 

まずは、高性能のマスクで

なるべく花粉を吸い込まないようにしましょう。
あとは、最近話題の食事で花粉症を治す方法。

 

特に、お茶ですね。

お茶の場合は、

既に花粉症になっている方も効くので特にオススメです。

 

秋花粉症には注意しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!