痔のかゆみの原因は?女性は妊娠中や産後に注意!出血も?

この記事は2分で読めます

大人を悩ませるお尻の病気である「痔」

 

痔には色んなタイプがありますが、

今回はかゆみについてです。

 

痔のかゆみの原因や、

女性は産後や妊娠中に注意、

かゆみに伴う出血など、

いろいろとまとめました。

スポンサードリンク

痔のかゆみ

多くの人は痔というと、

「痛い」というイメージなのではないでしょうか?

 

しかし、痔には色々な種類があります。

 

いぼ痔、きれ痔、そして膿んでしまう痔。

 

基本的には痛いのですが

時にはかゆみや出血が伴うことも・・・

 

特にかゆみが併発するのは、

いぼ痔ときれ痔のタイプです。

 

じゃあ痒みの原因は何なのでしょうか?
 

痒みの原因は?

まず、何故痒いのかというと

痔の部分の周りの皮膚が炎症してしまっているからです。

 

なぜ炎症を起こしてしまうのかというと、

まず一つ挙げられるのは

ウォシュレットなどによる洗い過ぎです。

toilet_washlet
きれいに洗うのはとても良いことなのですが、

洗った後にしっかり水分を拭き取らないと

皮膚が弱くなってしまい炎症を起こしてしまいます。

 

あとは逆に、

しっかり拭き取らないことも一因に。

 

もちろん、

紙で皮膚をこすりすぎもよくありません。

 

まとめると、しっかり洗った後に、

水分まで拭き取るとって

皮膚を清潔に保つことが良いということです。

 

スポンサーリンク


女性は妊娠中や産後に注意

妊娠中は、

特に痔になりやすいと言われています。

 

それは妊娠中は特に便秘になりやすいためです。

 

便秘にならないように、

しっかりと食生活に気をつけましょう。

 

タンパク質を過度にとらずに、

生野菜など食物酵素が含まれるものを沢山摂ってください。

 

妊娠中の痔は辛いし、

運動もしずらいので、

普段の食事をしっかりすることが一番です。

 

まとめ

痔は下痢など、

健康状態が良くない時になります。

 

そのため、

普段からの生活に気をつけることで予防はできます。

 

刺激の強いものを食べ過ぎない、

アルコールを摂りすぎない、

生野菜をとって便秘を予防する。

 

そういうことを普段から意識して

やっていきましょう。

 

痔になると私生活すらままらならいので、

注意しましょう。

 

ちなみに、痔を治すには便秘を治すことがとても大事です。

中々治らない便秘には青汁!?
→<a href=”http://kenkounokuni.com/archives/2175.html”>試行錯誤の末出会った青汁は。お茶屋さんが開発した青汁!?</a>

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!