冬季うつ病の原因は?過食や眠さやイライラを予防や改善するには?

この記事は2分で読めます

冬になると、

なんだかうつっぽい・・・

 

もしかしたら

「冬季うつ病」かもしれませんね。

 

そこで今回は、

冬季うつ病の原因や予防方法について

簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

冬期うつ病とは?

うつ病と一概に言っても、

うつ病には季節性があります。

 

冬期うつ病は冬の初め頃(10~12)月から

春くらいまでに発症するうつ病です。

season4_fuyu
一度冬に発症してしまうと、

次の年の冬もまた発症してしまったりなど

 

冬が来るのがイヤな気持ちになってしまいます。

 

症状として特徴的なのは、

だるさに加えて、

過食や眠気が普段より多いことです。
 

スポンサーリンク


原因は何か?

冬季うつ病の原因は主に

日照時間の低下や生活リズムの乱れです。

 

人間にはサーガディアンリズムという

いわゆる体内時計のようなものがあるのですが、

 

これは主に、

日光などの光によって調整されています。

 

なので、冬場で日照時間が減ったりした上に、

夜更かしなどで生活リズムを乱してしまうと

冬期うつ病になりやすくなります。

 

あとは緯度が高ければ高いほど、

発症する人が多いなんてことも言われています。

 

これも日照時間によるものです。

 

予防や改善をしよう!

冬季うつ病は予防や改善をしましょう!

 

医療機関などでは、

身体にライトを直接あてて改善する方法などがあります。

 

しかし、医療機関に行かなくても

改善は出来るのでなるべくそうする方がいいでしょう。

 

まず、日光を浴びることが大切なので

外に出て散歩をするようにしましょう。

taisou_woman
早起きして散歩することで、

体内のリズムを正しく戻すことができます。

 

また、日光を沢山浴びることで

幸せホルモンのセロトニンを分泌させることが出来ますし、

 

セロトニンは睡眠を促す

メラトニンを生成することにもなるので

 

外に出て散歩をすることの効果は絶大です。

 

冬は寒いかもしれませんが、

外に出てみて色々感じることもあると思うので

外に出ることをオススメします。

 

以上のことを気をつけて、

冬期うつ病の改善や予防などをしていきましょう!

 

なるべく薬には頼らず、散歩がオススメです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!