熱帯夜は子供へ対策!エアコンや扇風機は危険?寝具のオススメは?

この記事は2分で読めます

そろそろ夜が暑くなってきましたね。

 

この調子だと、

熱帯夜になる日も近いかも・・・

 

ということで、

熱帯夜の対策について

いろいろとまとめてました。

スポンサードリンク

子供へ対策をしよう!

熱帯夜は苦しいです・・・

 

ジメジメムシムシ・・・

大人は眠れませんが、

子供にとてもかなり不快なものです。

 

子供は何といっても、

体温調節能力が大人より乏しい。

 

さらに、

水分量も大人より10%くらい多く、

脈拍も少し早いために

喉も乾きやすいというわけです。

 

これは対策をしなければなりませんね!
 

スポンサーリンク


扇風機やエアコンは危険?

ここで頼りたくなるのが、

扇風機やエアコンなどの冷房器具。

setsuden_airconditioner
しかし、

扇風機やエアコンの使いすぎは危険です。

 

風を直接当たらないようにするのはもちろん、

一晩中つけっぱなしにするのは止めましょう。

 

次の日、けだるさや頭痛などの

症状を引き起こす可能性があります。

 

タイマーをセットして、

1~2時間くらいで止まるようにしておけば

次の日の朝も快調でしょう。

 

しかし、「暑くて熟睡できないかも・・・」

 

そんなあなたは

寝具を工夫すると良いでしょう。

 

オススメ寝具

オススメなのが、冷え冷え枕よりも

冷感シーツです。
こういうものって、

最初は冷たいのに段々ぬるくなっていくのですが

 

こちらのシーツは最初から冷たいわけでなく、

触れると冷たくなるタイプ。

 

これで、

寝苦しい夜にサヨウナラしましょう。

 

エアコンの電気代は家電製品でもかなり高いですが、

 

これを使えば冷房器具の電気代の節約にもなるし、

一石二鳥かもしれませんね。

 

特に子供にとっては大人よりも重大な問題なので、

しっかりと対策をしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!