アイスの食べ過ぎは腹痛だけじゃない?糖尿病など病気の原因にも?

この記事は2分で読めます

今年も暑くなってきましたね・・・

 

暑くなると子供だけに限らず、

大人もアイスを食べたなるはず。

 

しかし、食べ過ぎには要注意!!

 

今回はアイスの食べ過ぎについて

いろいろと気になったことをまとめました。

スポンサードリンク

まずは腹痛に注意!

アイスの食べ過ぎはもちろん、

冷たいジュースなどの飲み過ぎには注意しましょう。

 

体を必要以上に冷やしてしまうと、

腹痛が起きてしまいます。

medical_samuke
腹痛によって下痢になってしまったら、

しばらくの間辛いです。

 

もし、これが続いてしまうと、

下痢が慢性的なものになってしまい

病気になってしまう可能性もあるのです!
 

過敏性腸症候群の原因に?

慢性的な下痢によって

引き起こされてしまう病気の一つに

過敏性腸症候群(IBS)があります。

 

これは基本的に、

ストレスなどによって起きる病気なのですが、

冷たい物のとり過ぎにも注意が必要です。

 

過敏性腸症候群は20代〜30代に多く見られるので、

この世代の方は特に注意が必要でしょう!

 

スポンサーリンク


糖尿病にも注意!

ご存知かもしれませんが、

アイスは砂糖の塊です。

 

大体一日の砂糖の摂取量の目安は20gとされています。

 

アイスにはどれぐらい入っていると思いますか・・・?

 

アイスの種類にもよりますが、

基本的にカップアイスなどを一つ食べてしまえば、

砂糖を20g以上摂取することになります。

 

もちろん、20g以上摂取したからといって

すぐさま病気になるわけではありませんが

 

これが毎日のように続くと、

糖尿病を引き起こす原因にもなるのです。

 

アイスの食べ過ぎは体に悪いのは間違いありません。

 

アイスを食べない代わりに・・・

アイスを食べない代わりに

果物を凍らすというのを提案します。

 

糖分が高い果物はダメなので、

イチゴなどのベリー系がいいでしょう。

 

イチゴは100gあたり砂糖が7gなので、

アイスを食べるよりも全然糖分を抑えられるはずです。

 

果物を買ってきてよく洗って、

一晩冷凍庫に入れれば次の日には食べられるはずです。

 

ヨーグルトなどに入れて食べても

美味しいと思いますよ!

 

何はともあれ、

夏のアイスの食べ過ぎは注意です!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!