長寿にはアミノ酸!つまり酢の王様「黒酢」を飲もう!

この記事は2分で読めます

酢が体に良いことは、

誰でも知っていますね?

 

ところが意外と

知られていないのが

酢の種類によって、

含まれる栄養量が違うこと。

 

もちろん、どんな酢にも

クエン酸やアミノ酸は

含まれているので

体に良いことは間違いありません。

 

ただし、酢の種類によって

栄養分が全く違うので、

体への作用も異なります。

 

今回はそんな酢の中でも

長寿の秘訣である黒酢

についてまとめました。

スポンサードリンク

酢は何ですごい?

 

酢の栄養とは

『アミノ酸』

体の細胞を作るのに

欠かせないアミノ酸は

絶対に不足してはならない

体内栄養素となります。

 

アミノ酸が豊富なことが

生涯健康で長生きできること

にもつながります。

 

このアミノ酸を

豊富に含むのがお酢です。

 

酢の種類はたくさんありますが、

よく知られているのが

穀物酢や米酢、リンゴ酢。

 

これらの酢はクセがなく

色々な調理に使えて大変便利ですが、

栄養(アミノ酸)という部分では

少し物足りないのが事実です。
 

スポンサーリンク


酢の中でも黒酢(香醋)!!

 

アミノ酸の含有量でいえば、

数ある酢の中でも

最も多く含まれているのが、

黒酢(香醋)、バルサミコ酢

です。

 

香醋はもともと中国で

作られている黒酢ですが、

もち米などを原材料に使い、

熟成期間が非常に長く

アミノ酸などの栄養素を

豊富に含んでいます。

 

バルサミコ酢の発祥はイタリアです。

 

ブドウを原料として作られていて、

香醋同様、熟成期間が非常に長いのです。

 

これらの酢は、さきほどの穀物酢の

数十倍のアミノ酸が含まれています

 

黒酢やバルサミコ酢も

さほどクセがなく

大変飲みやすいので、

好きなジュースと割った、

ドレッシングなどにも活用できます。

 

また、お酒が好きな方は焼酎と

バルサミコ酢と蜂蜜を

お湯で割って飲んでも

おいしくいただけますよ。

 

この時の割合は、

焼酎3:バルサミコ酢1:蜂蜜1:お湯5

がおすすめです。

 

黒酢に関連しまして、

実は黒酢には

正しい飲み方があります。

正しい飲み方というか

効果が高い飲み方という意味ですが、

参考になると思うので

是非読んでみて下さい。
黒酢は何で効果ある?正しい飲み方は?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!