寝酒は睡眠薬より危険!!寝酒にお勧めの種類は?

この記事は2分で読めます

どうしても眠れないときに寝酒に頼るのは、

日本人が断トツと言われています。

 

フランスの製薬会社が睡眠の調査をしたところ、

日本人の3人に1人は眠れないときに

寝酒をする習慣があると言う結果がでました。

 

この結果は調査をおこなった

欧米とアジアの中では断トツ。

 

日本以外の国では、眠れないときには

医者に頼るのが当たり前で睡眠薬などを利用しています。

 

スポンサードリンク

寝酒は睡眠薬より危険!!

 

確かに、寝る前のアルコールは睡眠や神経の鎮静を促すので、

リラックスした状態で眠りに入りやすくなるのは事実です。

 

その反面、寝酒は睡眠薬より健康には悪いと言われています。

 

寝酒で飲むお酒の種類によっては、

体を冷やすものなどもあるので注意が必要とのこと。

 

ビールやウィスキーの水割りなどがその代表で、

これらは寝ている間の身体の機能を低下させます。

 

これは眠りを浅くするだけでなく、

睡眠によって回復されるべき疲労が

回復されなくなってしまいます。
 

スポンサーリンク


寝酒のさらなる悪循環

 

寝酒をすることで睡眠中にも利尿作用が働き、

トイレで目を覚ましてしまうこともあります。

 

人間の身体は普通、睡眠中には抗利尿ホルモンが

分泌されるので、トイレで目覚めることは

めったにありません。

 

しかしアルコールを摂取することで、

ホルモンの分泌をストップさせてしまい

尿気をもたらしてしまうのです。

 

睡眠中に一度目覚めてしまうと、

また眠れなくなるなんていう

悪循環にもなりかねません。

 

寝酒にお勧めの種類

 

どうしても、寝酒をしたいなら

ワインや焼酎のお湯割りをおすすめします。

 

赤ワインや焼酎は体を温める作用があり、

睡眠の質を低下させないと言われています。

 

それでも、飲み過ぎてしまえば結果は同じなので、せ

いぜいグラス1杯程度にしておきましょう。

 

睡眠に関連しまして、

寝る姿勢ってそれによって体への

影響が違うって知っていますか?

ではあなたは毎日の睡眠でどの様な影

響があるのでしょうか。
仰向けvsうつ伏せvs横向き!

寝る姿勢どれが良い?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!