緑茶は渋いだけじゃない!肌や体に様々な効果あり !

この記事は2分で読めます

最近は、コーヒーや紅茶ばかりがティ-タイムの主役になっている気がします。

 

せっかくのティ-タイム、過ごすならおいしい飲み物で心も体もリラックスしたいと思いますよね?

 

そんなとき、たまには急須を使って茶葉から入れる緑茶もおすすめです。

 

昔から日本人に親しまれている緑茶には、コーヒーや紅茶にはない健康成分がたくさん入っているんです。

 

緑茶の苦味でダイエット!!

 

お茶の成分と言えばカテキンを思い出す方も多いと思います。

 

緑茶の苦み成分で、コレステロールや脂肪を減らす効果がとても高いのです。

 

また、血糖値の上昇や虫歯にも効果がある優秀な健康成分なんです。

 

ティータイムにケーキと一緒に緑茶を飲むと太りにくいとも言われています。
 

スポンサーリンク


緑茶の甘みでストレス発散!!

 

美味しい緑茶は苦みの中に甘みがあります。

 

その甘みの成分はテアニンと言われるもので、興奮した神経を鎮静させ、リラックスさせる効果があります。

 

お茶を飲むと何だかホッとするのは、テアニン効果なのですね。

 

また、緑茶にはカフェインも入っています。

 

コーヒーにもカフェインは入っていますが、緑茶のカフェインとテアニンにより、神経をバランス良く安定させる作用があるのです。

 

まだあるぞ!緑茶で美容!!

 

さらに緑茶にはビタミンも多く含まれます。

 

代表的なのがビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEです。

 

ビタミンB2は肌荒れや粘膜保護や皮膚再生、ビタミンCは美白やコラーゲン増殖、ビタミンEは血行促進、抗酸化などの効果があります。

 

このように、緑茶はおいしいだけでなく、健康に嬉しい効果がたくさんなのです。

 

私もコーヒーや紅茶大好きですが、やっぱり緑茶が落ち着きます。

 

何より健康作用が一番ですから。皆さんも、たまには緑茶でティータイムなんていかがですか?

 

お茶に関連しまして、
緑茶もすごい効果があありますが、ルイボスティーを知っていますか?
ちょっとオシャレな感じです。けど効果は緑茶に負けません!!

ルイボスティー意外と知らない効果と効能って?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!