キロネックスの日本で被害は?ボツリヌス菌が危険!ウミガメ天敵?

この記事は2分で読めます

海のスズメバチとして恐れられている

殺人クラゲ・キロネックス

shinkai_giyaman_kurage
世界的にも刺される人の増加で、

最近名前が知られるようになってきたみたいです。

 

そこで、今回はキロネックスについて

気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

ボツリヌス菌が危険すぎる

「海のスズメバチ」「殺人クラゲ」

キャッチーでヤバイあだ名がついているキロネックス。

 

なんといっても、その毒性がヤバい。

 

キロネックスが持つ毒は、

世界一ヤバいと言われている「ボツリヌス菌」

 

ボツリヌス菌がどのぐらいヤバいかっていうと、

青酸カリの1000倍、サリンの1万倍だそうです。

 

刺されると9割以上の人が即死。

 

生き残ったとしても、

傷跡はもう目も当てられません。

 

・・・そんなに、傷跡みたいですか?

 

ここには載せたくないので、

自己責任で見たい方はこちら

※もちろん閲覧注意※

 

キロネックスはボツリヌス菌のような

強力な毒を持つわけですが、

 

それを諸共しない、

強力な天敵が居ます。

 

その天敵とは、

意外なんですがウミガメ!
 

スポンサーリンク


ウミガメが天敵?

なんとウミガメは、

キロネックスをペロリとたいらげてしまうんだそうです(笑)

 

ウミガメには、

キロネックスの毒が効かないってわけですね・・・

 

キロネックスは泳ぐスピードがかなり速いのですが、

それはウミガメから逃れるように発達したんだそうです。

 

ウミガメって割と速くて

時速20〜30キロで泳ぐんですよ。

 

時速30キロといえば、

原付バイクと一緒ですよね。

 

あんなにノロそうに見えて、

実は速いんですね〜

 

日本での被害はあるの?

我々日本人が気になるのは、

「キロネックスは日本上陸しているの?」

「日本で被害者いるの?」

というところではないでしょうか?

 

キロネックスには現時点では日本にはおらず、

オーストラリアの海に生息しています。

 

地球温暖化のせいで、

生態系がくずれたら日本に上陸する可能性もあるかもしれませんね。

 

そしたら一家に一海亀の時代が・・・?

 

来るわけありませんが、

オーストラリアの海などで遊ぶ場合は、

キロネックスには十分注意ですね!

 

キロネックスが泳いでいる動画はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!