妊娠前に葉酸が必須?赤ちゃんの為にやっておく3箇条

この記事は2分で読めます

結婚、出産は女性ならば一度は経験したいことの一つでしょう。

 

近年、晩婚化がすすみ子供を授かるために不妊治療を行っている夫婦も増えてきました。

 

女性は年齢が上がると子供を授かりにくくなってしまうのは事実です。

 

せっかく授かった命を大切に育てるためにも、妊娠したいと思うなら、

妊娠する前にやるべきことをやっておかないと後悔するかもしれません。

 

そんあ妊娠前に絶対やっておきたいことを3箇条にしてまとめました。

 

スポンサードリンク

第一条:風疹ワクチン

 

妊娠前にやっておくとよいことの一つは、風疹ワクチンを打つことです。

 

風疹の免疫を持たない方が妊娠初期に風疹ウィルスに感染すると、80%の確率で赤ちゃんに障害が起こります。

 

先天性風疹症候群といい、白内障や難聴、心疾患などの症状を発症します。

 

風疹ワクチンは2回摂取することが必要なのですが、

24歳以上の人は予防接種制度の変更により2回のワクチン接種が終わっていない人が多いようです。

 

男性が風疹にかかってしまうこともあるので、自分だけでなく男性にも風疹ワクチン接種が2回終わっているか確認しましょう。
 

スポンサーリンク


第二条:葉酸

 

二つ目は葉酸を飲む習慣を持つことです。

 

赤ちゃんの神経系が作られる妊娠3カ月目までに葉酸が不足してしまうと、

脳や神経の先天異常や障害のリスクが高まります。

 

妊娠に気づくのは10週目に入るあたりなので、

妊娠したとわかってから葉酸を摂り始めても意味がありません。

 

第二条:病気チェック

 

三つ目は子宮筋腫や子宮頸がん、卵巣のう腫などの病気がないかチェックしておくことです。

 

これらの病気は安全な妊娠、出産の妨げになるので定期的に婦人科検診を受けることをお勧めします。

 

これから産まれてくる赤ちゃんが親のずぼらさで障害を持ってしまう可能性があります。

 

めんどくさがらず絶対やっておいて欲しいです。

 

出産に関連しまして、

出産前も大事なことはたくさんありますが、出産後にありがちな産後うつ。

この対策もしっかりしておきましょう。
産後うつの症状に一番大切なこと。夫のサポート。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!