半身浴にプラスα!効果的な入り方でお風呂を楽しめ!

この記事は2分で読めます

お風呂好きな女性ってとても多いですよね。

 

私もお風呂大好きで、休日には雑誌や本をお風呂場に持って行って半身浴をするのがお約束になっています。

 

ただボーッとお風呂に浸かるのも気持ち良いのですが、

美容と健康のためのプラスαな半身浴で、心身共に健康に、綺麗になりましょう。

 

この半身浴をさらに楽しめる新しいお風呂習慣をつけるにはどうしたら良いでしょうか?

 

やっぱり入浴剤!!

 

湯に入ると、お湯が肌を刺激してしまうので入浴剤は入れるようにしましょう。

 

温泉の効果も医学的に証明されている様に、入浴剤の効果は実際すごいものです。

 

入浴剤はさまざまな用途の物があるので、必要に応じて使い分けると良いです。

 

①汗や老廃物をしっかり出したい時はデトックス効果のある入浴剤

②肌のお手入れを重視する時は保湿効果の高い入浴剤

③リラックスしたいならラベンダーなどの香りの良い入浴剤

 

等がお勧めです。
 

スポンサーリンク


入浴剤は高くてもったいない

 

入浴剤が高くてもったいないという方は、お塩やお酒、重曹で代用しても構いません。

 

お酒はさらにもったいないですかねwww

 

発汗効果が高まり、肌をスベスベにしてくれます。

 

入浴中に意外と知らない必要なこと

 

入浴中に肌のマッサージをすると、老廃物や余分な水分が体の外に排出されます。

 

むくみや頭痛、肩コリなどの不快な症状を改善できます。

 

大量の汗をかくので、こまめな水分補給も忘れてはいけません。

 

お風呂で水分補給??

 

と思うかもしれませんが、水分をとって汗を出やすくし、老廃物がどんどん排出されていきます。

 

脱水症状にならないよう注意しましょう。

 

 

風呂蓋がある場合は、顔だけ出すように蓋をするとサウナ効果も得られ温浴効果が高まります。

 

普段の半身浴にプラスαで、より効果的な半身浴タイムを過ごすことが出来ます。

 

毎日ゆっくりお風呂に入る時間がとれなくても、

週に1,2回はゆっくり半身浴をする時間を作ってはいかがでしょう。

 

お風呂に関連しまして、

半身浴も効果は抜群ですが、お風呂の温度を気にしたことありますか?
季節ではなく、症状によって温度を変える習慣をつけてみてはどうでしょうか?
お風呂の温度で肩こり、にきび、冷え性…全部治療!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!