産後うつの症状に一番大切なこと。夫のサポート。

この記事は2分で読めます

うつ病って男性の方が多そうですよね?

 

パワハラ等が話題になっている社会なので、男性は大変です。

 

しかし、うつ病は男性よりも女性がかかりやすい病気の一つと知っていましたか?

 

女性は男性見えない部分でとても大変ということです。

 

月経周期や妊娠、出産、更年期などのホルモンバランスの変化によるストレスが

女性にうつ病が多い原因の一つだと言われています。

 

そんな出産に伴ううつ病には何が一番大切でしょうか?

 

それは夫のサポートです。

 

こちらは後ほど書きますが、まずは産後うつが何かを知りましょう。

 

産後うつの症状

 

出産経験者の12~16%がなると言われるのが『産後うつ』です。

 

出産後は女性ホルモンの分泌が変化するため、心が不安定な状態になりやすくなっています。

 

産後3カ月前後に発症しやすいため、産後うつと呼ばれています。

 

一度産後うつを経験した人は、次の出産でも50~62%という高い確率で産後うつを再発してしまうのです。

 

産後うつの症状として

①産後に気分が落ち込む

②赤ちゃんに関心が持てない

③赤ちゃんを過剰に心配する

④眠れない

⑤頭痛がする
 

スポンサーリンク


産後うつの対策

 

最初に書きましたが、産後うつにおいて夫のサポートが一番大事です。

 

子供を作ると決めた時点で夫にサポートしてくれることを話しておくと良いと思います。

 

それを了解してくれない夫は親としての意識がなく、

子供をつくるべきではありません。

 

夫サポートがしっかりしているとまず産後うつにはならない様です。

 

責任感の強い女性は今までできていたことも同じ様にしないとと必死になってしまいます。

全部できなくて当たり前。夫に助けてもらいながら一緒に頑張って下さい。

 

出産から子育てに対する不安、パートナーの非協力的態度、孤立感が産後うつを重症化させる原因になるので、

夫や周りの家族の協力や温かい態度が必要となります。

 

子供の世話をのりきったからといって安心しないで

 

45~55歳にかけて女性ホルモンが急激に減少します。

 

閉経前後にほてりや動悸、頭痛、めまい、肩コリ、不眠などさまざまな症状が現れてきます。

 

ただの更年期障害であれば良いのですが、親の介護や老後への不安などの心理的ストレスが加わるとうつ病になりやすくなってしまいます。

 

また、子供の就職や結婚、家族や親しい人との死別などの喪失感を受けるとうつ病が悪化しやすいと言われています。

 

ストレスを自分ひとりで抱え込まないようにする、自分なりのストレス発散方法を持つ、うつ病にならないためには神経質に物事を考えすぎないことも大切です。

 

女性のストレスと言えば、月経前症候群(PMS)です。

こちらの対処もしっかりしないと女性は大変ですので、読んでみて下さい。
つら~~~い月経前症候群(PMS)症状の対策紹介!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!