下肢静脈瘤は何科?痛みも伴う?なりやすい人はマッサージで予防!

この記事は2分で読めます


暑くなると増えてくる下肢静脈瘤。

 

皮膚も変色する可能性があるので、

治療は早めにしておきたい所ですね。

 

女性は特になりやすいので、

悩む方も多いかもしれません。

 

そこで今回は下肢静脈瘤について

気になることを簡単にまとめてみます。

スポンサードリンク

下肢静脈瘤は何科を受診すればいい?

下肢静脈瘤は、

下肢の静脈が拡張し血液が滞ることで起きます。

 

なので、

「何かを受ければいいのか?」ということですが、

血管外科を受けると良いでしょう。

job_doctor
しかし、

血管外科が設置されている病院は少なく、

地方などではなかなかりません。

 

なので、そういう場合には

循環器科に行くと良いでしょう。
 

スポンサーリンク


痛みを伴う場合も?

下肢静脈瘤は

皮膚がただれてしまいますが、

症状はそれだけではありません。

 

患部に痛みを伴う場合もありますし、

重さやだるさを感じる場合もあります。

 

その他、湿疹によるかゆみ、むくみ

こむら返りの症状を起こすこともあります。

 

治療にはマッサージやストッキングなどによる

圧迫療法がありますが

 

なるべく、下肢静脈瘤にならないように

お家でしっかり予防しましょう。

 

なりやすい人はマッサージで予防しよう

下肢静脈瘤は女性がなりやすいです。

 

それは、妊娠によるものだったり、

低血圧によるものだったりするからです。

 

その他、長い時間の立ち仕事なども

下肢静脈瘤に影響してきます。

 

そんな人は

お家でマッサージして予防しましょう!

 

まず、ソファーやベットに座り、

机などに足をかけます。

 

そしたら、踵から太ももまで

ゆっくりとマッサージをしてください。

 

詳しくはこちらの動画を参考にすると良いでしょう。

 

暑くなると増えやすいので、

これからの季節、特に注意です。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!