便秘の仕組みを理解しよう!便秘なぜなぜ教室

この記事は1分で読めます

女性の悩みのトップクラスに入ると言っても過言ではない便秘。

 

便秘は肌荒れや肥満の要因にもなるため女性の大敵ですよね。

 

今回は便秘を理解することで、対策できればとまとめてみました。

スポンサードリンク

便秘を理解するには排便の仕組みから

 
そもそも排便のメカニズムは自律神経によって管理されており、

胃に食べ物が入った時点からスタートします。

 

胃に食べ物が入ると自律神経は腸にぜん動運動を行うよう指令を出し、

栄養素を抜き取られた食物は便となって直腸に到達します。

 

便が直腸に到達すると大脳は指令を出し、便意を感じて排便に到る、

というわけです。

 

それで便秘はこのメカニズムのどこかに異常があって起こっていると考えられます。
 

スポンサーリンク


排便メカニズムの異常

 

排便のメカニズムの異常として最も多いのが、腸管の緊張が緩んでしまいぜん動運動が弱くなってしまう「弛緩性便秘」で、

排便の筋力が低下して物理的に便を押し出す力がないこともこのうちに含まれます。

 

原因としては加齢や運動不足、出産回数が多いことなどが挙げられます。

 

逆に腸管が緊張しすぎて便の通りが悪くなる「痙攣性便秘」も排便メカニズムの異常と言えます。

 

この原因はストレスによる自律神経の乱れであることが多いのですが、

その他に下剤の乱用によって過剰なぜん動運動が起こり下痢と便秘を繰り返すのもこの痙攣性便秘に含まれます。

 

一方、腸のぜん動運動に問題はなく無事に便が直腸まで運ばれているのに、

大脳にそれが上手く伝わらず便意を感じないという「直腸性便秘」もあります。

 

これは高齢や寝たきり、恥ずかしさから我慢してしまうことなどが原因となっています。

 

関連しまして、

便秘をすぐに治したいと思ったことありませんか?
明日には効果が欲しいという方へ、安全な便秘対策を紹介します。
すぐに治したい!安全で即効性のある便秘対策とは?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!