目は何時間活動しているでしょうか?答えはこちら!

この記事は2分で読めます

身体の各器官は、毎日休むことなく活動をしています。

 

その中で、飛びぬけて活動をしている器官の一つが目になります。

 

目は何時間活動しているか考えたことありますか?

 

答えは、、、

 

朝起きてから寝るまでの間は、ずっと働き続けています。

 

こんなに目が働いていると実は問題があります。

 

目を使いすぎると知らない間に眼精疲労に。。。

 

身体において、とても重要な器官の一つである目ですが、

最近はスマートフォンや、タブレット端末が普及したおかげで、小学生から近視となる生徒が多くいます。

 

また、大人でもパソコン作業を多くする人間は、目を酷使しているのが実情です。
どんな機械、物も使いすぎると故障します。身体も同じです。

 

目を使いすぎることで起きる弊害として、眼精疲労があります。

スポンサーリンク


眼精疲労って?

 

眼精疲労とは、疲れ目の他に肩こり、首の疲れ、頭痛を引き起こすことの総称です。

 

目の神経が首に繋がっているため、疲れが他の器官に広がっていくのです。

 

そして、目から始まり、頭まで達した痛みは、イライラ感や、全身の疲れへと変わります。

 

そうなると気分が落ち込み、毎日の生活に希望が持てなくなり、

最悪の状態として精神が鬱状態に陥ることもあります。

 

眼精疲労と思ったらすぐに対策を!!

 

たがが目の疲れだと思い、放っておくと全身に回り、そして精神にも影響を及ぼします。

 

眼精疲労だと思ったらすぐさま目の疲労を回復することが重要です。

 

対策としてはこんなのがあります。

 

①十分な睡眠を取る

②食事のバランスを改善する

③遠くの景色をリラックスして眺める

④マジカルアイという本の絵を眺める

 

これらは単純ですが果があるので、まずは試してみることをお勧めします。

 

とても重要な器官である目は、物を見る際に欠かせません。

 

何事も使いすぎに注意し、目との健康的な付き合い方をしていくことが、

全身のバランスを整える役割となるでしょう。

 

目に関連しまして、

読書をすると目が疲れますよね?

そんなありがちの悩みに良い方法が。
読書で目が疲れない本の読み方はどうすればいい?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!