お風呂の温度で肩こり、にきび、冷え性…全部治療!

この記事は2分で読めます

入浴は1日の疲れを癒し、

体を清潔に保ちつつ気分をリフレッシュさせてくれます。

 

ですが入浴の効能は、それだけではありません。

 

様々な効果が期待できる入浴は、

その日の状態によっても最適なお風呂の入り方が変わります。

 

今回はお風呂の温度に注目して、どんな症状を治療できるかをまとめました。

 

お風呂で肩こりを治療

 

肩こりの方には、41度くらいの少し熱めのお湯で、10分間を目安に入浴します。

 

湯船につかりながら肩の上げ下げなどのストレッチをすると効果的です。

 

入浴剤に炭酸ガス系のものを使用するとよいでしょう。
 

お風呂でにきびを治療

 

顔の吹き出物が気になる方には、ぬるめのお湯(38度~40度程度)でゆっくり入浴することがお勧めです。

 

血行がよくなると肌の代謝も活性化され、肌への栄養もしっかり届けられます。

 

さらに体があたたまると毛穴も開くので老廃物の除去もしやすくなりますので、洗顔はお風呂上りが最適です。

 

スポンサーリンク


お風呂で冷え性を治療

 

冷え症の方には、血行を促進させることが重要です。

 

入浴は、水圧と温感により血行が促進して抹消神経まで血液がめぐるので、冷え対策には効果的。

 

冷え性の方には、39度~40度のお風呂に15分~20分程度入浴します。

 

さらに体が温まり血行がよくなると、自律神経の副交感神経が優位になることによってリラックス効果もあがり、眠りの質も高くなります。

 

お風呂でむくみを治療

 

足のむくみには、40度くらいのぬるめのお湯に10分間全身浴をして下さい。

 

血行をさらによくするために、足裏、足の指、ひざ裏などを優しくマッサージしたり、

足を伸ばしたりストレッチすると効果があります。

 

心臓が弱い方や、血圧の高い方は無理をせずに辛くない程度に、胸から下の半身浴を心掛けてください。

 

これからは気になっている症状に合わせて入浴してみてはどうでしょうか?

 

関連しまして、

お風呂と言えば、
「風邪のときお風呂には入らない様に」

 

と言われたことありませんか?

 

これはなぜでしょう。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!