ブルーでダイエット!オレンジでデブエット!

この記事は2分で読めます

みなさんは

どんな色が好きですか?

 

色が生物にもたらす

影響は大きく、

私たちの心理や生理機能

にも影響します。

 

実際に

色がダイエットやデブエット

にまでつながるんです。

 

そんな色の効果を知って、

毎日の健康に役立ててみては

いかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

色で食欲を操作しよう!!

 

色で食欲まで変わるって

ご存知でしょうか?

 

そんな効果を利用して

ダイエット、デブエットを実践できます。

 

食欲や元気がない方には、

「オレンジ」

がおすすめです。

 

内分泌系を活発にして、

食欲不振や倦怠感などの

改善に効果があります。

 

逆に、

食べ過ぎを防止したい

と言うときには、

「ブルー

がおすすめ。

 

ブルーは食欲神経の

活性を抑制をするので、

食事の最中にブルーを見ると

食欲が治まると言われています。

 

また、

神経を落ち着かせい時

にもブルーはおすすめです。
 

スポンサーリンク


色で病気の予防しよう!!

 

風邪をひいてしまった時

「赤

です。

 

赤は体温を上昇させ、

体の機能回復を高めます。

風邪をひきそうな時にも

赤のパジャマなどで

寝ると予防につながります。

 

女性器系の病気の

予防や改善には、

「ピンク

です。

 

女性ホルモン(エストロゲン)

の分泌を活発にしてくれるので、

生理不順や子宮などの

疾患に効果がある

と言われています。

 

血圧が高めの方は

「紫

がおすすめです。

 

血圧や高すぎる

脈拍を低下させます。

 

また、

治癒効果があるので、

病気やケガをしている時に

紫を身に着けると

治りが早くなります。

 

消化不良や胃炎を起こしやすい方は

「黄色

です。

 

消化器系に作用して、

胃酸過多や胃の痛みなどを

緩和すると言われています。

 

この他にも色がもたらす

健康効果はまだまだありますが、

身近なお役立ちと言う点では、

このような色がおすすめです。

 

見た目のおしゃれはもちろん、

健康効果も考えて毎日の生活に

様々な色を取り入れたいですね。

 

色に関連しまして、

「爪の色」

を意識したことありますか?
実は爪の見た目で

自分の健康状態が分かるんです。
爪の横線はストレスの証!?

爪の色は○○の証!!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!